北海道コンサドーレ札幌ベガルタ仙台鹿島アントラーズ浦和レッズ大宮アルディージャ柏レイソルFC東京川崎フロンターレ横浜F・マリノスヴァンフォーレ甲府アルビレックス新潟清水エスパルスジュビロ磐田ガンバ大阪セレッソ大阪ヴィッセル神戸サンフレッチェ広島サガン鳥栖
モンテディオ山形水戸ホーリーホックザスパクサツ群馬ジェフユナイテッド千葉東京ヴェルディFC町田ゼルビア横浜FC湘南ベルマーレ松本山雅FCツエーゲン金沢名古屋グランパスFC岐阜京都サンガF.C.ファジアーノ岡山レノファ山口FCカマタマーレ讃岐徳島ヴォルティス愛媛FCアビスパ福岡V・ファーレン長崎ロアッソ熊本大分トリニータ
グルージャ盛岡ブラウブリッツ秋田福島ユナイテッドFC栃木SCY.S.C.C.横浜SC相模原AC長野パルセイロカターレ富山藤枝MYFCアスルクラロ沼津ガイナーレ鳥取ギラヴァンツ北九州鹿児島ユナイテッドFCFC琉球FC東京U−23ガンバ大阪U−23セレッソ大阪U−23
HOME » 2012 年 11月のコラム一覧
RSS

Column

2012年11月のコラム一覧
2012 11/29 [Thu.]

【J1第34節プレビュー】 ACL出場権とJ1生き残りを懸けた最後の戦い

J1の34節は12月1日に開催される。20年目のJリーグを締めくくる最終節で焦点となるのは、ラスト1枠を懸けたACL出場権争いと、14位から17位のチームによる残留争い。勝者と敗者の明暗をこれまで以上にくっきりと分けるスリリングな試合が各地で繰り広げられる。■鹿島vs柏鹿島はリーグ戦で柏に4試合連続の未勝利。ホームでの白星は07年までさかのぼる。年間順位はクラブ史上ワーストとなる10位以下がすでに確定。3位の可能性を残す柏に対し、ポジティブな要素を見いだすのは難しい。■浦和vs名古屋勝点で並ぶ浦和と名古屋がACL出場権を懸けて激突。古巣との対戦になる闘莉王は、J1での通算300試合出場とともに、浦和に在籍していた08年以来の二桁得点へリーチとなっている。■F東京vs仙台仙台は初優勝こそ逃したものの、過去最高の成績となる2位が決定している。リーグ戦ではF東京に対して2連勝中で、最後に黒星を喫したのは03年。敵地で勝利を収め、「復興元年」を良い形で締めくくりたい。■横浜FMvs鳥栖4連勝中と好調の鳥栖は、勝てばACL出場圏内の3位が確定。横浜FMに追い掛けられる立場だが、周囲の動向に踊らされず目の前の一戦一戦に全力でぶつかってきたことが今季の快進撃を生んでいる。「無垢なチャレンジャー」の終着点はいかに。■新潟vs札幌前節の金星によって首の皮一枚でつながった新潟は、今節も勝利が絶対条件。その上で関西勢の結果に運命を委ねることになる。対戦相手の札幌は、同じく最下位で迎えた02年の最終節に広島を下し、道連れで降格させた過去を持つが、果たして。■清水vs大宮10戦連続の無敗で、今季も貫ろくの残留を果たした大宮。アウトソーシングスタジアム日本平での初勝利を挙げ、クラブの最高順位となる11位以上を目指す。一方の清水は相性の良さを後ろ盾に、賞金圏内への浮上なるか。■磐田vsG大阪相手を降格させるジンクスを持つ「前田の初ゴール」が生まれたのは、3節の同対戦。磐田が崖っぷちに立たされているG大阪とこのタイミングで顔を合わせるのも、何かの因縁だろう。前田は自身の得点で関西の名門に引導を渡すのか。■C大阪vs川崎F降格の危機が迫る4チームのうちで最も優位な立場にいるのがC大阪。引き分け以上で残留が決まる状況の中、川崎Fとはリーグ戦の直近5試合で3勝2分けと大きく勝ち越しており、対戦相手にも恵まれている。■神戸vs広島前節に悲願の初優勝を決めた広島だが、リーグ戦の終盤では苦戦が目立った。原因の1つは他チームの徹底した「ビルドアップ封じ」。前方からはめ込んでいくタイトなプレスは、神戸のストロングポイントでもある。text by 阿部哲也

全てのタグを表示
続きを読む
2012 11/22 [Thu.]

【J1第33節プレビュー】 優勝へ王手の広島。降格の残り2枠も今節で決まる可能性

今季のリーグ戦も残り2試合となった。32節の終了時点で、首位の広島と2位の仙台の勝点差は1。11月24日に開催されるJ1の33節では、このマッチレースに決着がつく可能性もある。一方、11位の磐田までが対象となる残留争いも収束に向かいつつあり、今回はどれも見逃せない試合となりそうだ。■仙台vs新潟リーグ最少の失点数を誇る新潟だが、得点力では仙台を大きく下回る。まずは、相手にゴールを許さないことが大前提。降格が目前に迫っているだけに、先に与える1点はその何倍もの重圧となってのし掛かってくる。■名古屋vs鹿島前回の対戦では名古屋が3−2で勝利。名古屋にとっては、順位を上昇させるキッカケとなった験の良い相手だ。一方、4戦連続の未勝利で降格の危機が忍び寄る鹿島としては、背水の陣で臨むゲームとなる。■G大阪vsF東京残留争いのさなかにいるG大阪がホームに迎えるのは、10位と「無風地帯」に属するF東京。モチベーションの差に加えて、アグレッシブに攻撃を仕掛けてくるF東京のようなチームとは相性が良く、勝利の条件はそろっている。■広島vsC大阪直近の5試合で1勝2分け2敗と足踏みが続く広島にとって、攻守のキーマンの出場停止は痛手。特に、千葉の不在をナビスコカップも含めて今季は一度も経験していない最終ラインへの不安は大きい。残留の確定を目指すC大阪が付け入る隙は十分にある。■鳥栖vs浦和ACL出場への残る1つの椅子を懸けた直接対決。前節にJ1初の3連勝を飾った鳥栖が難攻不落のホームでしたたかに勝点3を積み上げるのか、それとも浦和が前回の対戦と同様に鳥栖の防御壁を打ち砕くのか。■札幌vs横浜FMACL出場は絶望的となった横浜FMだが、賞金圏内の7位との勝点差は僅か1。昨季の5位も視野に入れつつ、通算2勝1分けと相性の良い札幌ドームで順位の上昇を狙う。ホームでの連戦となる札幌は、本拠地でのラストゲームで意地を見せたい。■大宮vs磐田ここ9試合負けなしの大宮に対して7試合連続で勝利がない磐田と、好対照の両者が激突。前回の対戦では磐田が大勝を収めているが、安定した守備と鋭いカウンターをベースに大宮が主導権を握る可能性が高い。■柏vs神戸前節に10試合振りの勝利を手にした神戸。今季は試行錯誤が続いたが、「原点回帰」で息を吹き返したチームに、もう迷いはない。対する柏は、ホームでの勝率を五分に戻し、ACL出場へ望みをつなげられるか。■川崎Fvs清水川崎Fは、等々力陸上競技場では清水に05年以来負けていない。ただし、前節のアウェイゲームではそうしたジンクスを自分たちが破っており、立場が逆転して自らの身に降り掛かる可能性も当然ある。油断は禁物だ。text by 阿部哲也

全てのタグを表示
続きを読む
2012 11/22 [Thu.]

【J1昇格プレーオフ決勝】 〜チームをJ1に導くキーパーソンは?

 J1昇格プレーオフ準決勝は、大分が京都に4-0、千葉が横浜FCに4-0と引き分けアドバンテージのないアウェイチームが勝利した。両方の試合でこれだけの大差がつくことは予想できなかったが、この準決勝で勢いに乗った両チームが11/23の国立競技場の舞台に進み、千葉が勝利か引き分け以上、大分が勝利でJ1昇格といった条件となった。 引き分けでもよいという意識がチームにどういう影響を与えるのかは分からないが、お互い勝たなければならない試合に勝ち進んできたことを考えると両チームとも得点を取って勝ちにいくというメンタルで望んでくるのではないかと予想される。 本コラムでは、過去の大分と千葉の対戦成績や最近5試合のデータから、両チームを昇格に導くキーパーソンが誰なのかを考察してみた。

全てのタグを表示
続きを読む
2012 11/17 [Sat.]

【J1昇格プレーオフプレビュー】 京都VS大分、横浜FCVS千葉 勝つのはどっちだ?

 J2最終節は甲府が京都とドローで、甲府がJ2無敗記録を24に伸ばし、京都は最後の最後で3位に転落。湘南は町田を3-0で破り、念願の自動昇格を手にした。この結果、今年導入されたJ1昇格プレーオフに進出したのは3位京都、4位横浜FC、5位千葉、6位大分となり、11/17に京都-大分(西京極)、横浜FC-千葉(ニッパ球)で行われる。 本コラムでは、準決勝で対決する4チームにおける過去の直接対決、今シーズンの特徴をデータで振り返りながら、2試合の展望を考察していきたい。

全てのタグを表示
続きを読む
2012 11/16 [Fri.]

【J1第32節プレビュー】 ~ラスト3。優勝・ACL出場権・残留の行方は~

J1の32節は11月17日に開催される。全国的に不安定な空模様になりそうなのは残念だが、2強に絞られた感のある優勝争いをはじめ、混迷の度を深めるACL出場権争いや残留争いなど、大詰めに近付くリーグ戦はどれも白熱した好ゲームが予想される。■鹿島vs仙台開幕戦では、仙台がユアテックスタジアム仙台で初めて鹿島から勝利を挙げた。仙台は続いて02年4月6日のファーストステージ5節以来となる県立カシマサッカースタジアムでの白星を狙う。■浦和vs広島浦和と広島との勝点差は9で、得失点差は24。浦和が優勝の望みをつなぎ止めるには、ここ6試合の対戦成績が2分け4敗と、相性が悪い広島から勝利を収めなければならない。■横浜FMvs柏6試合連続で負けがなく6位に浮上した横浜FMと、ホームで2試合連続の未勝利に終わり8位に転落した柏との勝点差は1。勢いの差は明白だが、09年以降の対戦成績は横浜FMの3分け2敗と柏に軍配が上がる。■新潟vs川崎F東北電力ビッグスワンスタジアムでは、J2時代を含めて新潟の7勝1分け。ただ、10月27日の30節では同様に本拠地で相性が良かった鳥栖に敗れており、不吉な予感も漂う。川崎Fは鳥栖に続く「ジンクス破り」を目指す。■磐田vs名古屋7試合振りの勝利を狙う磐田だが、名古屋戦では10年から5連敗を喫している。一方の名古屋は、前節を終えて3位の浦和と勝点49で並んだ。9月以来の連勝を収め、あわよくば3位に浮上したい。■札幌vs鳥栖過去の4試合は全て、鳥栖が1-0で勝利。今回も鳥栖が勝点3を収めれば、今季初の3連勝となる。迎え撃つ札幌は、およそ2ヵ月半振りとなる札幌ドームでの一戦で、ホームでの2勝目を飾りたい。■F東京vs神戸F東京の成績は、13勝5分け13敗で得失点差はプラスマイナスゼロの9位。指揮官を代え、残留に向けて退路を断った神戸を退け、中位からの浮上に向けて足掛かりをつかめるかどうか、まさに正念場だ。■清水vsG大阪清水は新潟戦に続き降格圏内に位置する相手とのホームゲームを迎える。加えて、対新潟と同様にG大阪戦でもここ2試合は敗れているように、対戦相手のスタイルは異なるものの、めぐり合わせに共通点は多い。■C大阪vs大宮勝てば残留が確定するC大阪だが、レヴィークルピ監督のベンチ入り停止がどのような影響を及ぼすか。対する大宮は、連続での無敗を8試合に伸ばしたものの、降格圏内との勝点差は3に縮まっており、依然として予断を許さない状況だ。text by 小野正太郎

全てのタグを表示
続きを読む
Archive
コンサドーレ札幌, ベガルタ仙台, 鹿島アントラーズ, 浦和レッズ, 大宮アルディージャ, 柏レイソル, FC東京, 川崎フロンターレ, 横浜Fマリノス, ヴァンフォーレ甲府, アルビレックス新潟, 清水エスパルス, ジュビロ磐田, ガンバ大阪, セレッソ大阪, ヴィッセル神戸, サンフレッチェ広島, サガン鳥栖, モンテディオ山形, 水戸ホーリーホック, ザスパクサツ群馬, ジェフユナイテッド千葉, 東京ヴェルディ, FC町田ゼルビア, 横浜FC, 湘南ベルマーレ, 松本山雅FC, ツエーゲン金沢, 名古屋グランパス, FC岐阜, 京都サンガF.C., ファジアーノ岡山, レノファ山口, カマタマーレ讃岐, 徳島ヴォルティス, 愛媛FC, アビスパ福岡, V・ファーレン長崎, ロアッソ熊本, 大分トリニータ, J1, J2, J3, 日本代表, 五輪代表, ルヴァンカップ, ワールドカップ, レビュー, プレビュー, ACL, ベストイレブン, グルージャ盛岡, ブラウブリッツ秋田, 福島ユナイテッドFC, 栃木SC, Y.S.C.C.横浜, SC相模原, AC長野パルセイロ, カターレ富山, 藤枝MYFC, アスルクラロ沼津, ガイナーレ鳥取, ギラヴァンツ北九州, 鹿児島ユナイテッドFC, FC琉球, Jリーグ・アンダー22選抜, FC東京U-23, ガンバ大阪U-23, セレッソ大阪U-23, ロンドン五輪, 海外日本人選手, トラッキングデータ, 選手指標開発
このページをツイートして、フォロワーに広めよう!
PICK UPmore
2017 8/8 [Tue.] 新開発の「チームスタイル指標」が示す、今Jリーグで見ておくべきチームとは。 今季のJリーグでは、“ハイプレス&ハイライン”戦術で評判となったフアン エスナイデル監督が率いるジェフユナイテッド千葉や、ポゼッションサッカーを信条とする大木 武監督が就任して改革が進むFC岐阜などが面白いサッカーをするチームとして話題に上ることが多い。また、Jリーグを日常的に追い掛けているあなたは、Jリーグをあまり見ない友人にこんな質問をされた経験があるかもしれない。「今、どのチームの試合を見に行けばいい?」「どのチームのサッカーが面白い?」と。データスタジアムが運営するFootball LABでは、当社で取得しているプレーデータとトラッキングデータ(J1のみ)を組み合わせた解析により、これまで定性的に語られていたチームのプレースタイルを可視化することを目的として「チームスタイル指標」を開発。簡単に説明をすると、全試合のプレーデータからいくつかの種類に攻撃パターンを分類し、それぞれのパターンにおける攻撃の試行回数を素にしたリーグ内での偏差値をはじき出している。トラッキングデータを取得しているJ1では、各シチュエーションにおける走行距離やポジショニングから、攻守の切り替えや守備陣形といった守備データを扱うことも可能となった。「チームスタイル指標」における各項目の詳細な説明は割愛するが、どんな項目があり、その項目はどういったプレーを指すのか。気になるあなたは、『チームスタイル指標とは』のページをご覧いただきたい。
2017 7/14 [Fri.] 終盤の失点が大幅に減少。躍進するセレッソ大阪
2017 6/2 [Fri.] 勝ち抜くためには縦ポン推奨? ~J3というカテゴリー~
Column more
2017 8/8 [Tue.] 新開発の「チームスタイル指標」が示す、今Jリーグで見ておくべきチームとは。 今季のJリーグでは、“ハイプレス&ハイライン”戦術で評判となったフアン エスナイデル監督が率いるジェフユナイテッド千葉や、ポゼッションサッカーを信条とする大木 武監督が就任して改革が進むFC岐阜などが面白いサッカーをするチームとして話題に上ることが多い。また、Jリーグを日常的に追い掛けているあなたは、Jリーグをあまり見ない友人にこんな質問をされた経験があるかもしれない。「今、どのチームの試合を見に行けばいい?」「どのチームのサッカーが面白い?」と。データスタジアムが運営するFootball LABでは、当社で取得しているプレーデータとトラッキングデータ(J1のみ)を組み合わせた解析により、これまで定性的に語られていたチームのプレースタイルを可視化することを目的として「チームスタイル指標」を開発。簡単に説明をすると、全試合のプレーデータからいくつかの種類に攻撃パターンを分類し、それぞれのパターンにおける攻撃の試行回数を素にしたリーグ内での偏差値をはじき出している。トラッキングデータを取得しているJ1では、各シチュエーションにおける走行距離やポジショニングから、攻守の切り替えや守備陣形といった守備データを扱うことも可能となった。「チームスタイル指標」における各項目の詳細な説明は割愛するが、どんな項目があり、その項目はどういったプレーを指すのか。気になるあなたは、『チームスタイル指標とは』のページをご覧いただきたい。
2017 7/14 [Fri.] 終盤の失点が大幅に減少。躍進するセレッソ大阪
2017 6/2 [Fri.] 勝ち抜くためには縦ポン推奨? ~J3というカテゴリー~
順位表
勝点試合得点得失
1 鹿島 64 29 48 21
2 川崎F 59 29 59 29
3 53 29 44 14
4 横浜FM 52 29 37 11
5 C大阪 51 29 54 15
6 磐田 50 29 44 18
7 浦和 45 29 60 12
8 神戸 41 29 33 0
9 鳥栖 41 29 35 -1
10 G大阪 40 29 44 9
11 FC東京 38 29 34 -2
12 仙台 35 29 38 -11
13 札幌 31 29 30 -12
14 清水 29 29 31 -17
15 甲府 28 29 20 -13
16 広島 27 29 28 -14
17 大宮 23 29 26 -23
18 新潟 15 29 20 -36
攻撃CBP
1 川崎F 662.11
2 浦和 622.75
3 鹿島 539.51
4 広島 530.63
5 G大阪 492.83
6 C大阪 491.11
7 487.14
8 仙台 465.87
9 神戸 461.24
10 FC東京 452.56
11 横浜FM 417.60
12 札幌 399.90
13 鳥栖 389.66
14 清水 382.97
15 磐田 377.99
16 大宮 361.88
17 甲府 320.04
18 新潟 317.67
守備P
1 鹿島 1425.33
2 1419.23
3 甲府 1377.19
4 C大阪 1369.25
5 札幌 1368.79
6 新潟 1356.03
7 大宮 1351.09
8 清水 1335.26
9 広島 1324.19
10 浦和 1320.52
11 G大阪 1313.89
12 川崎F 1313.39
13 鳥栖 1277.67
14 仙台 1258.62
15 FC東京 1221.71
16 横浜FM 1218.05
17 神戸 1175.12
18 磐田 1108.86
順位表
勝点試合得点得失
1 湘南 77 37 53 22
2 福岡 68 37 50 18
3 長崎 67 37 47 9
4 名古屋 65 37 77 18
5 松本 61 37 57 18
6 徳島 60 37 63 25
7 東京V 60 37 58 13
8 横浜FC 57 37 52 10
9 大分 57 37 52 7
10 千葉 53 37 60 5
11 水戸 51 37 41 1
12 山形 50 37 37 -6
13 岡山 49 37 39 -5
14 京都 48 36 49 6
15 町田 47 37 48 2
16 愛媛 46 36 46 -11
17 岐阜 44 37 51 -7
18 金沢 38 37 41 -23
19 熊本 36 37 33 -15
20 讃岐 35 37 38 -16
21 山口 28 37 43 -23
22 群馬 19 37 25 -48
攻撃CBP
1 岐阜 934.00
2 名古屋 850.04
3 千葉 736.33
4 徳島 675.75
5 大分 645.60
6 東京V 643.33
7 湘南 612.50
8 福岡 602.21
9 山形 587.79
10 山口 553.33
11 愛媛 540.92
12 横浜FC 538.84
13 松本 514.32
14 京都 482.15
15 金沢 472.92
16 岡山 467.77
17 熊本 455.44
18 群馬 454.90
19 水戸 452.77
20 町田 447.32
21 讃岐 417.95
22 長崎 398.84
守備P
1 町田 2078.75
2 群馬 1996.39
3 山形 1967.31
4 岡山 1962.55
5 湘南 1931.58
6 徳島 1922.23
7 岐阜 1916.21
8 熊本 1906.19
9 金沢 1894.94
10 松本 1883.71
11 水戸 1868.15
12 千葉 1862.60
13 山口 1849.40
14 東京V 1845.60
15 愛媛 1844.36
16 讃岐 1834.74
17 大分 1788.30
18 福岡 1739.20
19 名古屋 1729.31
20 横浜FC 1718.81
21 京都 1703.83
22 長崎 1693.95
#footballlab
HOME » 2012 年 11月のコラム一覧
Team Select close