北海道コンサドーレ札幌ベガルタ仙台鹿島アントラーズ浦和レッズ大宮アルディージャ柏レイソルFC東京川崎フロンターレ横浜F・マリノスヴァンフォーレ甲府アルビレックス新潟清水エスパルスジュビロ磐田ガンバ大阪セレッソ大阪ヴィッセル神戸サンフレッチェ広島サガン鳥栖
モンテディオ山形水戸ホーリーホックザスパクサツ群馬ジェフユナイテッド千葉東京ヴェルディFC町田ゼルビア横浜FC湘南ベルマーレ松本山雅FCツエーゲン金沢名古屋グランパスFC岐阜京都サンガF.C.ファジアーノ岡山レノファ山口FCカマタマーレ讃岐徳島ヴォルティス愛媛FCアビスパ福岡V・ファーレン長崎ロアッソ熊本大分トリニータ
グルージャ盛岡ブラウブリッツ秋田福島ユナイテッドFC栃木SCY.S.C.C.横浜SC相模原AC長野パルセイロカターレ富山藤枝MYFCアスルクラロ沼津ガイナーレ鳥取ギラヴァンツ北九州鹿児島ユナイテッドFCFC琉球FC東京U−23ガンバ大阪U−23セレッソ大阪U−23
HOME » ロンドン五輪のコラム一覧
RSS

Column

タグ "ロンドン五輪" のコラム一覧
2013 1/18 [Fri.]

U23J2得点・アシストランキング

 前回のコラムに引き続き、1989年1月1日以降に生まれた23歳以下のJ2選手における得点、アシスト、CBPランキングなどを振り返ってみたい。 今回対象となったJ2選手は142名。J1の106名と比べるとクラブ数の差を差し引いたとしてもJ2の方が多く感じられる。なお最も若い選手は昨年Jデビューを果たした東京Vの前田直輝選手。

全てのタグを表示
続きを読む
2013 1/16 [Wed.]

U23J1得点・アシストランキング

 昨年、見事ベスト4に進出したオリンピック日本代表。惜しくもメダルには届かなかったが、その後清武・酒井など海外に移籍した選手もおり、Jリーグでもオリンピック世代がチームの中心となりつつある。 今回のコラムでは、1989年1月1日以降に生まれた23歳以下のJ1選手における得点、アシスト、CBPランキングなどを振り返り、オリンピック代表のJリーグでの活躍や次世代のJリーグの中心選手になりそうな選手を見つけてみたい。 なお今回対象となったJ1選手は106名。最も若い選手はC大阪の南野選手。

全てのタグを表示
続きを読む
2012 8/17 [Fri.]

ロンドン五輪 『なでしこJAPAN』 銀メダルまでの軌跡

ロンドン五輪女子サッカー『なでしこJAPAN』。金メダルには届かなかったものの、メダルを逃した4年前から大きく成長したチームは見事銀メダルを獲得した。今回のコラムでは、決勝トーナメントの3試合を振り返りながら、その中でも特に活躍が目立った選手について考察してみようと思う。

全てのタグを表示
続きを読む
2012 8/14 [Tue.]

メダルに届かなかった理由 ~ロンドン五輪『韓国戦レビュー』~

ロンドン五輪の男子サッカーは3位決定戦で韓国に0-2と敗れ、44年ぶりのメダル獲得は叶わなかった。この試合のレビューは各所で行なわれているが、当サイトでは「データ」の比較から展開したいと思う。 データの比較対象は、優勝候補のブラジルを破って金メダルに輝いたメキシコ戦を含む「過去5試合」と「韓国戦」とした。 韓国戦を観ていて、筆者はキックオフからどこか違和感を覚えた。それは韓国チームの戦い方にある。この戦い方は、日本を十二分に苦しめた要因であるとともに、今後に向けての日本の課題ともなり得るのではないかと考えた。 それは、韓国(あるいは今後の日本の対戦相手)が「空中戦と肉弾戦」を選んだことである。 ピッチ状態が悪かったことも考えればこの戦い方を選ぶこと自体に違和感を覚えないが、その理由の一つとして、韓国の前線に空中戦に強い選手がいなかったことが挙げられる。

全てのタグを表示
続きを読む
2012 8/7 [Tue.]

【U-23五輪代表】初の決勝進出へ導くキーマンとは

シドニーオリンピック以来の決勝トーナメント進出を決めたオリンピック代表は、エジプトを3-0で退け、44年ぶりの準決勝進出を決めた。前線からのプレッシングでボールを奪った清武(ニュルンベルグ)がすかさず前にパスを供給、そこに快速永井(名古屋)が追いつきGKをかわして奪った1点目が、今回の関塚サッカーの戦い方を表す象徴的なシーンだったと言えよう。 ついにベスト4。次勝てば伝説となっているメキシコオリンピック銅メダルの記録を塗り替える。相手は直前のテストマッチで勝利したメキシコ。この大事な試合で勝利に導くプレイヤーをデータから見ていきたい。

全てのタグを表示
続きを読む
Archive
コンサドーレ札幌, ベガルタ仙台, 鹿島アントラーズ, 浦和レッズ, 大宮アルディージャ, 柏レイソル, FC東京, 川崎フロンターレ, 横浜Fマリノス, ヴァンフォーレ甲府, アルビレックス新潟, 清水エスパルス, ジュビロ磐田, ガンバ大阪, セレッソ大阪, ヴィッセル神戸, サンフレッチェ広島, サガン鳥栖, モンテディオ山形, 水戸ホーリーホック, ザスパクサツ群馬, ジェフユナイテッド千葉, 東京ヴェルディ, FC町田ゼルビア, 横浜FC, 湘南ベルマーレ, 松本山雅FC, ツエーゲン金沢, 名古屋グランパス, FC岐阜, 京都サンガF.C., ファジアーノ岡山, レノファ山口, カマタマーレ讃岐, 徳島ヴォルティス, 愛媛FC, アビスパ福岡, V・ファーレン長崎, ロアッソ熊本, 大分トリニータ, J1, J2, J3, 日本代表, 五輪代表, ルヴァンカップ, ワールドカップ, レビュー, プレビュー, ACL, ベストイレブン, グルージャ盛岡, ブラウブリッツ秋田, 福島ユナイテッドFC, 栃木SC, Y.S.C.C.横浜, SC相模原, AC長野パルセイロ, カターレ富山, 藤枝MYFC, アスルクラロ沼津, ガイナーレ鳥取, ギラヴァンツ北九州, 鹿児島ユナイテッドFC, FC琉球, Jリーグ・アンダー22選抜, FC東京U-23, ガンバ大阪U-23, セレッソ大阪U-23, ロンドン五輪, 海外日本人選手, トラッキングデータ, 選手指標開発
このページをツイートして、フォロワーに広めよう!
順位表
勝点試合得点得失
1 川崎F 72 34 71 39
2 鹿島 72 34 53 22
3 C大阪 63 34 65 22
4 62 34 49 16
5 横浜FM 59 34 45 9
6 磐田 58 34 50 20
7 浦和 49 34 64 10
8 鳥栖 47 34 41 -3
9 神戸 44 34 40 -5
10 G大阪 43 34 48 7
11 札幌 43 34 39 -8
12 仙台 41 34 44 -9
13 FC東京 40 34 37 -5
14 清水 34 34 36 -18
15 広島 33 34 32 -17
16 甲府 32 34 23 -16
17 新潟 28 34 28 -32
18 大宮 25 34 28 -32
攻撃CBP
1 川崎F 761.03
2 浦和 723.39
3 鹿島 641.52
4 広島 623.89
5 C大阪 588.24
6 G大阪 567.96
7 仙台 561.06
8 558.29
9 神戸 550.93
10 FC東京 535.68
11 横浜FM 470.84
12 札幌 459.51
13 清水 443.40
14 磐田 443.39
15 鳥栖 439.62
16 大宮 420.32
17 甲府 390.38
18 新潟 376.87
守備P
1 1716.07
2 鹿島 1667.41
3 甲府 1638.17
4 大宮 1632.77
5 新潟 1621.74
6 C大阪 1604.50
7 札幌 1591.81
8 清水 1590.03
9 川崎F 1562.33
10 浦和 1547.13
11 広島 1535.80
12 G大阪 1519.84
13 仙台 1498.11
14 FC東京 1468.77
15 横浜FM 1468.24
16 神戸 1460.98
17 鳥栖 1451.91
18 磐田 1326.93
順位表
勝点試合得点得失
1 湘南 83 42 58 22
2 長崎 80 42 59 18
3 名古屋 75 42 85 20
4 福岡 74 42 54 18
5 東京V 70 42 64 15
6 千葉 68 42 70 12
7 徳島 67 42 71 26
8 松本 66 42 61 16
9 大分 64 42 58 8
10 横浜FC 63 42 60 11
11 山形 59 42 45 -2
12 京都 57 42 55 8
13 岡山 55 42 44 -5
14 水戸 54 42 45 -3
15 愛媛 51 42 54 -14
16 町田 50 42 53 0
17 金沢 49 42 49 -18
18 岐阜 46 42 56 -12
19 讃岐 38 42 41 -20
20 山口 38 42 48 -21
21 熊本 37 42 36 -23
22 群馬 20 42 32 -56
攻撃CBP
1 岐阜 1048.91
2 名古屋 971.31
3 千葉 811.51
4 徳島 796.32
5 大分 732.95
6 東京V 724.51
7 湘南 690.09
8 福岡 680.31
9 山形 661.44
10 山口 630.18
11 愛媛 627.08
12 横浜FC 614.62
13 松本 585.54
14 京都 555.11
15 金沢 541.65
16 岡山 533.51
17 熊本 526.02
18 水戸 517.53
19 群馬 515.54
20 町田 500.83
21 讃岐 462.54
22 長崎 460.56
守備P
1 町田 2360.53
2 群馬 2289.18
3 山形 2281.49
4 岡山 2277.32
5 愛媛 2201.25
6 湘南 2188.39
7 岐阜 2183.91
8 熊本 2168.59
9 金沢 2156.12
10 山口 2136.66
11 徳島 2128.24
12 松本 2126.64
13 東京V 2117.15
14 水戸 2114.68
15 千葉 2097.21
16 讃岐 2056.78
17 大分 2040.88
18 京都 2035.17
19 横浜FC 1996.21
20 名古屋 1995.86
21 福岡 1993.16
22 長崎 1919.73
#footballlab
HOME » ロンドン五輪のコラム一覧
Team Select close