北海道コンサドーレ札幌ベガルタ仙台鹿島アントラーズ浦和レッズ大宮アルディージャ柏レイソルFC東京川崎フロンターレ横浜F・マリノスヴァンフォーレ甲府アルビレックス新潟清水エスパルスジュビロ磐田ガンバ大阪セレッソ大阪ヴィッセル神戸サンフレッチェ広島サガン鳥栖
モンテディオ山形水戸ホーリーホックザスパクサツ群馬ジェフユナイテッド千葉東京ヴェルディFC町田ゼルビア横浜FC湘南ベルマーレ松本山雅FCツエーゲン金沢名古屋グランパスFC岐阜京都サンガF.C.ファジアーノ岡山レノファ山口FCカマタマーレ讃岐徳島ヴォルティス愛媛FCアビスパ福岡V・ファーレン長崎ロアッソ熊本大分トリニータ
グルージャ盛岡ブラウブリッツ秋田福島ユナイテッドFC栃木SCY.S.C.C.横浜SC相模原AC長野パルセイロカターレ富山藤枝MYFCアスルクラロ沼津ガイナーレ鳥取ギラヴァンツ北九州鹿児島ユナイテッドFCFC琉球FC東京U−23ガンバ大阪U−23セレッソ大阪U−23
HOME » 横浜Fマリノスのコラム一覧
RSS

Column

横浜F・マリノス
Yokohama F・Marinos 横浜F・マリノス[J1 2017シーズン]
順位 勝点 引分 得点 失点 得失点差
5 59 17 8 9 45 36 9
Recent Result
2017 12/2[Sat]AWAY
横浜FM 横浜FM 1 - 0 浦和 浦和
Next Match
試合がありません
タグ "横浜Fマリノス" のコラム一覧
2013 7/16 [Tue.]

2013J1第16節ベストイレブン

J1第16節のプレーデータ、チャンスビルディングポイントを更新!FootballLABのデータから選出した今節のベストイレブンは下図の通りとなりました。

全てのタグを表示
続きを読む
2013 7/12 [Fri.]

【J1第16節プレビュー】頭1つ抜け出した大宮。2位以下はいまだ混戦が続く

J1の16節は、3連休初日の7月13日(土)に開催される。前節の結果により首位の大宮と2位の浦和の勝点差は5に広がったが、2位以下の5チームは勝点差4の中にひしめく混戦模様。4位の横浜FMは今季無敗を誇るホームに大宮を迎える。前節は勝点3を挙げた8チームのうち4チームが後半のゴールによる逆転勝利。酷暑のナイトゲームをさらに熱くするのはどの対戦カードか。■18:00 清水(11位)vs大分(18位)互いに中断明けの2試合で白星がなく、09年以来の対戦を迎える。連敗中の清水は、唯一リードして前半を折り返したことがない。1点でも多くのゴールを挙げるために、リーグワースト2位のシュート数を増やすことが求められる。対戦データhttp://www.football-lab.jp/shim/preview/■18:30 甲府(14位)vs湘南(17位)J2で幾多の激闘を繰り広げた両者が、J1の舞台で初めて顔を合わせる。1試合平均で1得点に満たないのはこの2チームだけ。ロースコアの展開が予想されるだけに、直近の4試合でPKを三度決められている甲府は、ペナルティエリア内での対応に注意が必要だ。対戦データhttp://www.football-lab.jp/kofu/preview/■19:00 仙台(8位)vs磐田(16位)11年から4試合連続で引き分けとなっているカードだ。磐田は前々節こそ勝てなかったが、ここ2試合ではいずれも逆転に成功している。仙台は今季まだ逆転を許したことがないだけに、スコアが動けば動くほど激しい攻防が繰り広げられそうだ。対戦データhttp://www.football-lab.jp/send/preview/■19:00 柏(10位)vs鹿島(5位)柏にとって悪いデータがそろっている。ホームで行われた7試合での失点数が19と、リーグワースト。今回の会場である国立で行われた13節の浦和戦では、大量6ゴールを奪われている。そして、鹿島には昨季にナビスコカップを含めて一度も勝てていない。対戦データhttp://www.football-lab.jp/kasw/preview/■19:00 川崎F(7位)vs浦和(2位)両者のデータは酷似している。1試合平均で2得点以上を挙げているのはこの2チームのみであり、シュート数においても川崎Fが1位、浦和が2位。しかも、互いに前半をリードして折り返せば全勝だ。必勝を期し、序盤から激しく攻め合うことになるだろう。対戦データhttp://www.football-lab.jp/ka-f/preview/

全てのタグを表示
続きを読む
2013 7/11 [Thu.]

J3候補チーム情報、主な所属選手などのまとめ

こちらの記事は7月時点のものです。最新版(チーム確定版)は下記のリンク先へお願いします。2014年J3参加チーム情報、今季のチーム内得点ランキングhttp://www.football-lab.jp/column/entry/467/■カマタマーレ讃岐※Jリーグ準加盟①ホームタウン (主なスタジアム)香川県高松市、丸亀市を中心とする全県 (香川県丸亀競技場)②所属リーグ今季順位(7/11時点)日本フットボールリーグ1位/18チーム(12勝4分3敗)試合平均得点:1.47 試合平均失点:0.58③ここ3年の天皇杯成績2010: ①○1-1(PK5-4)高知大学、②●1-4大宮アルディージャ2011: ①○3-1米子北高校、②●1-3横浜F・マリノス2012: ①○5-0佐賀大学、②○1-0サガン鳥栖、③●1-2浦和レッズ④監督北野誠⑤主な所属選手DF: 吉澤 佑哉(鹿島ユース→鹿島)MF: アンドレア(ジェフリザーブズ)MF: 大沢 朋也(帝京高→大宮→佐川急便東京SC→SAGAWA SHIGA)FW: 木島 良輔(帝京高→横浜FM→ベルグラーノ→横浜FM→大分→東京V→熊本→町田→松本→東京V)FW: 西野 泰正(富山第一高→磐田→清水→磐田→京都)

全てのタグを表示
続きを読む
2013 7/9 [Tue.]

2013J1第14節ベストイレブン

J1第14節のプレーデータ、チャンスビルディングポイントを更新!FootballLABのデータから選出した今節のベストイレブンは下図の通りとなりました。

全てのタグを表示
続きを読む
2013 7/9 [Tue.]

【J1第15節プレビュー】浦和に首位浮上の可能性。磐田は柳下監督率いる新潟を迎え撃つ

中断明けの初戦で引き分けに終わった首位の大宮と、勝利を収めた2位の浦和との勝点差は3。結果次第では首位が入れ替わる可能性が浮上している。一方、15位の鳥栖から最下位の大分までは、4チームとも勝点1を上積みするにとどまっており、順位に変動はなし。関塚監督が就任して2戦目を迎える17位の磐田は、かつて磐田で指揮を執った柳下監督が率いる新潟との一戦に臨む。4連戦で浮上へのキッカケをつかむのは、果たしてどのチームか。■19:00 鹿島(5位)vs清水(10位)鹿島は先月のナビスコカップからの公式戦3試合で9失点。さかのぼれば、5月18日の名古屋戦からカップ戦を含め6試合連続で先制点を許しており、崩壊の予兆はあった。昨季のリーグ戦で2敗を喫した清水を相手に、鹿島の伝統である堅い試合運びを見せられるか。■19:00 大宮(1位)vs名古屋(13位)中断明けの初戦で8試合ぶりの勝利を挙げた名古屋には、ケネディのポストプレーを生かした攻撃に復活のけはいが漂っている。広島と並びリーグ最少失点を誇る大宮の堅陣を破れれば、予感は確信に変わるだろう。菊地や高橋との空中戦やセカンドボールの争いに注目したい。■19:00 湘南(16位)vs柏(12位)柏は3-4-2-1の布陣を採用することが多い湘南に対し、ミラーゲームを展開する可能性がある。30失点はリーグ最多の鳥栖に次ぐ多さ。中断前の広島戦のように守備の安定を優先するか。湘南も前節に初めて無失点を達成しており、守備には手応えを得ているだろう。

全てのタグを表示
続きを読む
Archive
  • 2018年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
コンサドーレ札幌, ベガルタ仙台, 鹿島アントラーズ, 浦和レッズ, 大宮アルディージャ, 柏レイソル, FC東京, 川崎フロンターレ, 横浜Fマリノス, ヴァンフォーレ甲府, アルビレックス新潟, 清水エスパルス, ジュビロ磐田, ガンバ大阪, セレッソ大阪, ヴィッセル神戸, サンフレッチェ広島, サガン鳥栖, モンテディオ山形, 水戸ホーリーホック, ザスパクサツ群馬, ジェフユナイテッド千葉, 東京ヴェルディ, FC町田ゼルビア, 横浜FC, 湘南ベルマーレ, 松本山雅FC, ツエーゲン金沢, 名古屋グランパス, FC岐阜, 京都サンガF.C., ファジアーノ岡山, レノファ山口, カマタマーレ讃岐, 徳島ヴォルティス, 愛媛FC, アビスパ福岡, V・ファーレン長崎, ロアッソ熊本, 大分トリニータ, J1, J2, J3, 日本代表, 五輪代表, ルヴァンカップ, ワールドカップ, レビュー, プレビュー, ACL, ベストイレブン, グルージャ盛岡, ブラウブリッツ秋田, 福島ユナイテッドFC, 栃木SC, Y.S.C.C.横浜, SC相模原, AC長野パルセイロ, カターレ富山, 藤枝MYFC, アスルクラロ沼津, ガイナーレ鳥取, ギラヴァンツ北九州, 鹿児島ユナイテッドFC, FC琉球, Jリーグ・アンダー22選抜, FC東京U-23, ガンバ大阪U-23, セレッソ大阪U-23, ロンドン五輪, 海外日本人選手, トラッキングデータ, 選手指標開発
このページをツイートして、フォロワーに広めよう!
順位表
勝点試合得点得失
1 川崎F 72 34 71 39
2 鹿島 72 34 53 22
3 C大阪 63 34 65 22
4 62 34 49 16
5 横浜FM 59 34 45 9
6 磐田 58 34 50 20
7 浦和 49 34 64 10
8 鳥栖 47 34 41 -3
9 神戸 44 34 40 -5
10 G大阪 43 34 48 7
11 札幌 43 34 39 -8
12 仙台 41 34 44 -9
13 FC東京 40 34 37 -5
14 清水 34 34 36 -18
15 広島 33 34 32 -17
16 甲府 32 34 23 -16
17 新潟 28 34 28 -32
18 大宮 25 34 28 -32
攻撃CBP
1 川崎F 761.03
2 浦和 723.39
3 鹿島 641.52
4 広島 623.89
5 C大阪 588.24
6 G大阪 567.96
7 仙台 561.06
8 558.29
9 神戸 550.93
10 FC東京 535.68
11 横浜FM 470.84
12 札幌 459.51
13 清水 443.40
14 磐田 443.39
15 鳥栖 439.62
16 大宮 420.32
17 甲府 390.38
18 新潟 376.87
守備P
1 1716.07
2 鹿島 1667.41
3 甲府 1638.17
4 大宮 1632.77
5 新潟 1621.74
6 C大阪 1604.50
7 札幌 1591.81
8 清水 1590.03
9 川崎F 1562.33
10 浦和 1547.13
11 広島 1535.80
12 G大阪 1519.84
13 仙台 1498.11
14 FC東京 1468.77
15 横浜FM 1468.24
16 神戸 1460.98
17 鳥栖 1451.91
18 磐田 1326.93
順位表
勝点試合得点得失
1 湘南 83 42 58 22
2 長崎 80 42 59 18
3 名古屋 75 42 85 20
4 福岡 74 42 54 18
5 東京V 70 42 64 15
6 千葉 68 42 70 12
7 徳島 67 42 71 26
8 松本 66 42 61 16
9 大分 64 42 58 8
10 横浜FC 63 42 60 11
11 山形 59 42 45 -2
12 京都 57 42 55 8
13 岡山 55 42 44 -5
14 水戸 54 42 45 -3
15 愛媛 51 42 54 -14
16 町田 50 42 53 0
17 金沢 49 42 49 -18
18 岐阜 46 42 56 -12
19 讃岐 38 42 41 -20
20 山口 38 42 48 -21
21 熊本 37 42 36 -23
22 群馬 20 42 32 -56
攻撃CBP
1 岐阜 1048.91
2 名古屋 971.31
3 千葉 811.51
4 徳島 796.32
5 大分 732.95
6 東京V 724.51
7 湘南 690.09
8 福岡 680.31
9 山形 661.44
10 山口 630.18
11 愛媛 627.08
12 横浜FC 614.62
13 松本 585.54
14 京都 555.11
15 金沢 541.65
16 岡山 533.51
17 熊本 526.02
18 水戸 517.53
19 群馬 515.54
20 町田 500.83
21 讃岐 462.54
22 長崎 460.56
守備P
1 町田 2360.53
2 群馬 2289.18
3 山形 2281.49
4 岡山 2277.32
5 愛媛 2201.25
6 湘南 2188.39
7 岐阜 2183.91
8 熊本 2168.59
9 金沢 2156.12
10 山口 2136.66
11 徳島 2128.24
12 松本 2126.64
13 東京V 2117.15
14 水戸 2114.68
15 千葉 2097.21
16 讃岐 2056.78
17 大分 2040.88
18 京都 2035.17
19 横浜FC 1996.21
20 名古屋 1995.86
21 福岡 1993.16
22 長崎 1919.73
#footballlab
HOME » 横浜Fマリノスのコラム一覧
Team Select close