北海道コンサドーレ札幌ベガルタ仙台鹿島アントラーズ浦和レッズ大宮アルディージャ柏レイソルFC東京川崎フロンターレ横浜F・マリノスヴァンフォーレ甲府アルビレックス新潟清水エスパルスジュビロ磐田ガンバ大阪セレッソ大阪ヴィッセル神戸サンフレッチェ広島サガン鳥栖
モンテディオ山形水戸ホーリーホックザスパクサツ群馬ジェフユナイテッド千葉東京ヴェルディFC町田ゼルビア横浜FC湘南ベルマーレ松本山雅FCツエーゲン金沢名古屋グランパスFC岐阜京都サンガF.C.ファジアーノ岡山レノファ山口FCカマタマーレ讃岐徳島ヴォルティス愛媛FCアビスパ福岡V・ファーレン長崎ロアッソ熊本大分トリニータ
グルージャ盛岡ブラウブリッツ秋田福島ユナイテッドFC栃木SCY.S.C.C.横浜SC相模原AC長野パルセイロカターレ富山藤枝MYFCアスルクラロ沼津ガイナーレ鳥取ギラヴァンツ北九州鹿児島ユナイテッドFCFC琉球FC東京U−23ガンバ大阪U−23セレッソ大阪U−23
HOME » この試合が凄かった! J1リーグ戦306試合分の1位【カウンター編】
RSS
Column
2017 12/28 [Thu.]

この試合が凄かった! J1リーグ戦306試合分の1位【カウンター編】

2017年のJ1リーグ戦306試合の中から、「最も○○のデータが凄かった」試合をピックアップする本コラム。

今回は【カウンター編】として、今季よりFootball LABにて新たに公開したチームスタイル指標の『ショートカウンター』『ロングカウンター』が際立っていた試合を紹介する。

なお、チームスタイル指標の詳細については、以下からご覧いただきたい。
http://www.football-lab.jp/pages/team_style/

まず『ショートカウンター』回数で1位になったのは、第31節の柏vs川崎Fで、なんと両チームとも25回以上、合わせて51回のショートカウンターが発生していた。

この試合についてはやや特殊な事情があり、雨の影響でピッチコンディションが悪かったため、両チームとも細かいパスをつなぐのではなく長めの縦パスを多用する展開になったことが最大の要因として挙げられる。また、そのボールも予想しない場所で止まってしまい攻守の切り替えが多く発生したことも、カウンター合戦につながった一因だろう。
https://www.jleague.jp/match/j1/2017/102901/live/

2位も同じく第31節の甲府vs神戸で、こちらもピッチコンディションの影響からカウンターの回数が多くなったことは否めない。実際に、甲府の先制点もカウンターから決まっている。
https://www.jleague.jp/match/j1/2017/102903/live/

ランキング全体を見ると、柏の名前が3回出てきている。
Football LABのチームスタイルのページでは各チームスタイルの指数や経年変化を掲載しているが、柏の「ショートカウンター」を見ると、以下のようにリーグ内で優れた数字を残しているのが分かる。

特筆すべきは、昨年からの指数の上昇度合いだ。この1年間で、ショートカウンターが大きな武器として磨かれたことが分かる。来年どのような数字になるか、期待も高まる。

[関連リンク] 柏レイソル チームスタイル指標(ショートカウンター)
http://www.football-lab.jp/kasw/style/?s=21

続いて『ロングカウンター』回数で1位になったのは、第17節の甲府vs鳥栖で、両チーム合わせて30回のロングカウンターが発生していた。
特に甲府が30回中21回を記録しており、シーズンを通じてもこの数字は断トツ1位である。(2位は14回)
https://www.jleague.jp/match/j1/2017/070201/live/

この試合では、甲府が自陣でボールを奪って最終ラインから一本のパスでカウンターにつなげるシーンが多く、特にFWウイルソンへのボールの収まりが非常に良かったことが、数字が伸びた要因と考えられる。
実際に、この21回のロングカウンターのうち、半分以上はロングパスを介したものとなっていた。

このように、シーズンを通じたチームスタイル指標を見ても、甲府のロングカウンターの頻度、ロングパスの使用率ともに高かったことがうかがえる。

[関連リンク] ヴァンフォーレ甲府 チームスタイル指標(ロングカウンター)
http://www.football-lab.jp/kofu/style/?s=22


「ショートカウンター」「ロングカウンター」両方のランキングを見ると、柏の名前が5回出てきており、カウンターが多い試合での戦績は4勝1分と好成績になった。来シーズン、柏のカウンターに各チームがどう対処するのかも興味深い。


[関連リンク] 2017 J1 チームスタイル指標
http://www.football-lab.jp/summary/team_ranking/j1/?year=2017&data=style

このページをツイートして、フォロワーに広めよう!
Archive
  • 2018年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
コンサドーレ札幌, ベガルタ仙台, 鹿島アントラーズ, 浦和レッズ, 大宮アルディージャ, 柏レイソル, FC東京, 川崎フロンターレ, 横浜Fマリノス, ヴァンフォーレ甲府, アルビレックス新潟, 清水エスパルス, ジュビロ磐田, ガンバ大阪, セレッソ大阪, ヴィッセル神戸, サンフレッチェ広島, サガン鳥栖, モンテディオ山形, 水戸ホーリーホック, ザスパクサツ群馬, ジェフユナイテッド千葉, 東京ヴェルディ, FC町田ゼルビア, 横浜FC, 湘南ベルマーレ, 松本山雅FC, ツエーゲン金沢, 名古屋グランパス, FC岐阜, 京都サンガF.C., ファジアーノ岡山, レノファ山口, カマタマーレ讃岐, 徳島ヴォルティス, 愛媛FC, アビスパ福岡, V・ファーレン長崎, ロアッソ熊本, 大分トリニータ, J1, J2, J3, 日本代表, 五輪代表, ルヴァンカップ, ワールドカップ, レビュー, プレビュー, ACL, ベストイレブン, グルージャ盛岡, ブラウブリッツ秋田, 福島ユナイテッドFC, 栃木SC, Y.S.C.C.横浜, SC相模原, AC長野パルセイロ, カターレ富山, 藤枝MYFC, アスルクラロ沼津, ガイナーレ鳥取, ギラヴァンツ北九州, 鹿児島ユナイテッドFC, FC琉球, Jリーグ・アンダー22選抜, FC東京U-23, ガンバ大阪U-23, セレッソ大阪U-23, ロンドン五輪, 海外日本人選手, トラッキングデータ, 選手指標開発
Jリーグスタジアム
順位表
勝点試合得点得失
1 川崎F 72 34 71 39
2 鹿島 72 34 53 22
3 C大阪 63 34 65 22
4 62 34 49 16
5 横浜FM 59 34 45 9
6 磐田 58 34 50 20
7 浦和 49 34 64 10
8 鳥栖 47 34 41 -3
9 神戸 44 34 40 -5
10 G大阪 43 34 48 7
11 札幌 43 34 39 -8
12 仙台 41 34 44 -9
13 FC東京 40 34 37 -5
14 清水 34 34 36 -18
15 広島 33 34 32 -17
16 甲府 32 34 23 -16
17 新潟 28 34 28 -32
18 大宮 25 34 28 -32
攻撃CBP
1 川崎F 761.03
2 浦和 723.39
3 鹿島 641.52
4 広島 623.89
5 C大阪 588.24
6 G大阪 567.96
7 仙台 561.06
8 558.29
9 神戸 550.93
10 FC東京 535.68
11 横浜FM 470.84
12 札幌 459.51
13 清水 443.40
14 磐田 443.39
15 鳥栖 439.62
16 大宮 420.32
17 甲府 390.38
18 新潟 376.87
守備P
1 1716.07
2 鹿島 1667.41
3 甲府 1638.17
4 大宮 1632.77
5 新潟 1621.74
6 C大阪 1604.50
7 札幌 1591.81
8 清水 1590.03
9 川崎F 1562.33
10 浦和 1547.13
11 広島 1535.80
12 G大阪 1519.84
13 仙台 1498.11
14 FC東京 1468.77
15 横浜FM 1468.24
16 神戸 1460.98
17 鳥栖 1451.91
18 磐田 1326.93
順位表
勝点試合得点得失
1 湘南 83 42 58 22
2 長崎 80 42 59 18
3 名古屋 75 42 85 20
4 福岡 74 42 54 18
5 東京V 70 42 64 15
6 千葉 68 42 70 12
7 徳島 67 42 71 26
8 松本 66 42 61 16
9 大分 64 42 58 8
10 横浜FC 63 42 60 11
11 山形 59 42 45 -2
12 京都 57 42 55 8
13 岡山 55 42 44 -5
14 水戸 54 42 45 -3
15 愛媛 51 42 54 -14
16 町田 50 42 53 0
17 金沢 49 42 49 -18
18 岐阜 46 42 56 -12
19 讃岐 38 42 41 -20
20 山口 38 42 48 -21
21 熊本 37 42 36 -23
22 群馬 20 42 32 -56
攻撃CBP
1 岐阜 1048.91
2 名古屋 971.31
3 千葉 811.51
4 徳島 796.32
5 大分 732.95
6 東京V 724.51
7 湘南 690.09
8 福岡 680.31
9 山形 661.44
10 山口 630.18
11 愛媛 627.08
12 横浜FC 614.62
13 松本 585.54
14 京都 555.11
15 金沢 541.65
16 岡山 533.51
17 熊本 526.02
18 水戸 517.53
19 群馬 515.54
20 町田 500.83
21 讃岐 462.54
22 長崎 460.56
守備P
1 町田 2360.53
2 群馬 2289.18
3 山形 2281.49
4 岡山 2277.32
5 愛媛 2201.25
6 湘南 2188.39
7 岐阜 2183.91
8 熊本 2168.59
9 金沢 2156.12
10 山口 2136.66
11 徳島 2128.24
12 松本 2126.64
13 東京V 2117.15
14 水戸 2114.68
15 千葉 2097.21
16 讃岐 2056.78
17 大分 2040.88
18 京都 2035.17
19 横浜FC 1996.21
20 名古屋 1995.86
21 福岡 1993.16
22 長崎 1919.73
#footballlab
HOME » この試合が凄かった! J1リーグ戦306試合分の1位【カウンター編】
Team Select close