北海道コンサドーレ札幌ベガルタ仙台鹿島アントラーズ浦和レッズ大宮アルディージャ柏レイソルFC東京川崎フロンターレ横浜F・マリノスヴァンフォーレ甲府アルビレックス新潟清水エスパルスジュビロ磐田ガンバ大阪セレッソ大阪ヴィッセル神戸サンフレッチェ広島サガン鳥栖
モンテディオ山形水戸ホーリーホックザスパクサツ群馬ジェフユナイテッド千葉東京ヴェルディFC町田ゼルビア横浜FC湘南ベルマーレ松本山雅FCツエーゲン金沢名古屋グランパスFC岐阜京都サンガF.C.ファジアーノ岡山レノファ山口FCカマタマーレ讃岐徳島ヴォルティス愛媛FCアビスパ福岡V・ファーレン長崎ロアッソ熊本大分トリニータ
グルージャ盛岡ブラウブリッツ秋田福島ユナイテッドFC栃木SCY.S.C.C.横浜SC相模原AC長野パルセイロカターレ富山藤枝MYFCアスルクラロ沼津ガイナーレ鳥取ギラヴァンツ北九州鹿児島ユナイテッドFCFC琉球FC東京U−23ガンバ大阪U−23セレッソ大阪U−23
HOME » 2016年J3 年間ベストイレブン
RSS
Column
2016 12/7 [Wed.]

2016年J3 年間ベストイレブン

F東23、G大23、C大23が新たに参入したことで、注目を集めた今季のJ3。中盤戦で破竹の10連勝を飾った栃木が独走するかと思われたが、終盤に猛追を見せた大分が栃木をかわして見事に1年でのJ2復帰を決めた。また、F東23の久保 建英がJリーグ最年少出場を果たすなど、若手選手の活躍にも目を引いた。

フットボールラボでは、チャンスビルディングポイント(以下CBP)を中心とした独自のベストイレブンを選出。フォーメーションは4-2-3-1を採用した。

対象は出場時間が所属チームの試合時間の3分の2以上としており、CBPは累積の値となります。選手個人のデータを基準においての選出のため、チームの順位が反映されない部分がありますが、予めご了承ください。

<GK>
★スタメン:吉満 大介(栃木)

■控え:松本 拓也(秋田)

GKには栃木の吉満を選出した。セーブ率ではトップの数字をマークし、1試合平均失点は0.7と鉄壁。また、全試合にフル出場し、数多くの好セーブでチームの最少失点に大きく貢献した。

控えには、セーブ率2位の松本。特に、ペナルティエリア外からの枠内シュートに対するセーブ率は100%と驚異的な数字を残している。

<センターバック>
★スタメン:鈴木 義宜(大分)
★スタメン:尾本 敬(栃木)

■控え:広瀬 健太(栃木)

センターバックは守備ポイントと守備関連のデータ、チーム総失点数を基準に選出。

大分の鈴木は守備ポイントでチーム内トップ。シュートに対するブロック数では、藤枝の福王 忠世と並んでリーグ1位タイの27回を記録するなど、身をていしたディフェンスでチームを支え、J2昇格に大きく貢献した。

コンビを組むのは守備ポイント4位の尾本。リーグ最少失点の堅守は彼の存在があってこそ。長身を生かした空中戦で抜群の強さを見せ、自陣での空中戦勝率は71.5%を記録。栃木のディフェンスリーダーとしてピッチに君臨した。

控えには広瀬をチョイス。身長は177センチと大柄とはいえないものの、空中戦で存在感を発揮。粘り強いディフェンスで尾本とともに栃木の堅守の中心を担った。

<サイドバック>
★スタメン:藤澤 典隆(琉球)
★スタメン:温井 駿斗(C大23)

■控え:鈴木 達也(盛岡)

サイドバックはクロスCBPやドリブルCBPなどの攻撃関連の項目と、守備ポイントなどのディフェンス面を選出基準とした。

右サイドバックに選んだのは藤澤。本来はオフェンシブなプレーヤーだが、8節からサイドバックとして出場を重ね、ドリブルCBPと攻撃CBPでリーグトップの数字をマーク。スピードを生かした突破で琉球のサイドアタックをけん引した。

左サイドバックには温井を選出した。クロスCBPで2位の数字を残すなど、左足から放たれる精度の高いキックでチャンスを創出。セットプレーのキッカーも務め、CKから4アシストを記録した。

控えに選出した盛岡の鈴木は、クロスCBPと攻撃CBPともに高い数値を記録。加えてクロスに対するブロックなどの守備項目でもリーグ上位につけており、機を見た攻め上がりと堅実な守備でチームに貢献した点を評価したい。

<センターハーフ>
★スタメン:鮫島 晃太(藤枝)
★スタメン:菊岡 拓朗(相模原)

■控え:田辺 圭佑(琉球)

センターハーフはパスCBPなどのパス関連項目と、攻撃CBP、さらに守備関連の項目を基準とした。

鮫島はパスCBPで8位、攻撃CBPで11位にランクイン。正確なパスさばきでリズムを作るだけでなく、自らも積極的にフィニッシュに絡み、今季はセンターハーフながら6ゴールをマーク。インターセプト数でもリーグ2位の数字を残すなど、ディフェンス面での貢献度も光る。

鮫島の相方にはパスCBP6位の菊岡を選出した。オフェンシブハーフでの出場が多かったものの、ポジションを1つ下げてもその存在感を発揮。高精度のラストパスから好機を作り出し、リーグトップとなる9アシストを記録した。

控えに選んだのは、リーグトップのパスCBPを記録した田辺。パス成功率でも80%を超えており、琉球の心臓としてチームを支えた。出足の鋭いタックルも魅力で、相手の攻撃の幾度も阻んだ。

<オフェンシブハーフ>
★スタメン:田中 恵太(琉球)
★スタメン:堂安 律(G大23)
★スタメン:枝本 雄一郎(藤枝)

■控え:牛之濵 拓(盛岡)
■控え:佐藤 悠希(長野)

オフェンシブハーフには、ゴールとアシストを主に、攻撃に関する決定的な仕事ができることを基準とした。

右サイドには攻撃CBPで4位にランクインした田中を選出。小柄ながらも鋭い飛び出しから次々とネットを揺らし、キャリアハイとなる13ゴールをマーク。琉球のエースとしてふさわしい活躍ぶりだった。

トップ下にはシュートCBPで4位の数字を残した堂安を選出した。21試合に出場し、10ゴール7アシストとそのポテンシャルを存分に発揮。強じんなフィジカルを生かしたボールキープから、ラストパスを供給して多くの好機を演出した。

ドリブルCBP2位の枝本は左サイドに配置。果敢な仕掛けからフィニッシュに持ち込み、シュート数は77本で栃木の大石 治寿と並んでリーグ4位タイにランクイン。ゴールを狙う姿勢が増した今季は中盤戦から得点を量産し、自身初の2ケタ得点をマークした。

控えには今季から加入してレギュラーを確保した牛之濵をチョイス。攻撃CBPで2位、パスCBPで3位と卓越したテクニックを武器に盛岡の攻撃をけん引。圧倒的な運動量を生かしたディフェンスでの貢献も見逃せない。

2人目には長野の佐藤 悠希を選出。周りを生かしながらも、自らも積極的にフィニッシュに絡み、攻撃CBPとパスCBPで高い数値を記録。3年連続で全試合出場を果たしており、長野にとって必要不可欠な存在だ。

<FW>
★スタメン:藤本 憲明(鹿児島)

■控え:後藤 優介(大分)

FWはゴール数やシュートに関する項目を基準に選出した。

1トップに選んだのは藤本。多彩な得点パターンからゴールを量産し、シュート成功率は表の中の選手ではトップ。J3初挑戦ながら見事得点王に輝き、鹿児島の躍進に大きく貢献した。

控えに選んだ後藤は出場時間が選出条件を満たしていないものの、14ゴール7アシストと大車輪の活躍。大分のJ2昇格への貢献度を非常に高く評価し、例外的に選出とした。

以上が各選手の選出理由となります。


最後に、ベストイレブンへの選出に関わらず、1年を戦い抜いた全てのプレーヤーたちをあらためて賞したいと思います。

このページをツイートして、フォロワーに広めよう!
Archive
コンサドーレ札幌, ベガルタ仙台, 鹿島アントラーズ, 浦和レッズ, 大宮アルディージャ, 柏レイソル, FC東京, 川崎フロンターレ, 横浜Fマリノス, ヴァンフォーレ甲府, アルビレックス新潟, 清水エスパルス, ジュビロ磐田, ガンバ大阪, セレッソ大阪, ヴィッセル神戸, サンフレッチェ広島, サガン鳥栖, モンテディオ山形, 水戸ホーリーホック, ザスパクサツ群馬, ジェフユナイテッド千葉, 東京ヴェルディ, FC町田ゼルビア, 横浜FC, 湘南ベルマーレ, 松本山雅FC, ツエーゲン金沢, 名古屋グランパス, FC岐阜, 京都サンガF.C., ファジアーノ岡山, レノファ山口, カマタマーレ讃岐, 徳島ヴォルティス, 愛媛FC, アビスパ福岡, V・ファーレン長崎, ロアッソ熊本, 大分トリニータ, J1, J2, J3, 日本代表, 五輪代表, ルヴァンカップ, ワールドカップ, レビュー, プレビュー, ACL, ベストイレブン, グルージャ盛岡, ブラウブリッツ秋田, 福島ユナイテッドFC, 栃木SC, Y.S.C.C.横浜, SC相模原, AC長野パルセイロ, カターレ富山, 藤枝MYFC, アスルクラロ沼津, ガイナーレ鳥取, ギラヴァンツ北九州, 鹿児島ユナイテッドFC, FC琉球, Jリーグ・アンダー22選抜, FC東京U-23, ガンバ大阪U-23, セレッソ大阪U-23, ロンドン五輪, 海外日本人選手, トラッキングデータ, 選手指標開発
Jリーグスタジアム
順位表
勝点試合得点得失
1 34 16 24 10
2 C大阪 32 16 30 16
3 鹿島 30 15 22 7
4 G大阪 29 15 28 15
5 横浜FM 29 16 20 7
6 川崎F 26 15 21 7
7 磐田 25 16 22 7
8 FC東京 24 16 21 5
9 浦和 23 15 36 14
10 鳥栖 23 16 19 0
11 神戸 23 16 17 0
12 仙台 21 16 20 -9
13 清水 18 16 19 -5
14 甲府 15 16 10 -8
15 大宮 14 16 13 -15
16 札幌 12 16 13 -13
17 広島 10 16 12 -14
18 新潟 8 16 11 -24
攻撃CBP
1 広島 332.52
2 浦和 330.77
3 川崎F 326.09
4 鹿島 278.38
5 C大阪 277.26
6 神戸 269.08
7 仙台 264.16
8 260.03
9 G大阪 257.82
10 FC東京 246.00
11 横浜FM 217.56
12 清水 215.69
13 札幌 212.77
14 鳥栖 206.12
15 磐田 203.25
16 大宮 193.29
17 甲府 161.70
18 新潟 161.21
守備P
1 806.14
2 大宮 796.17
3 清水 784.78
4 札幌 778.67
5 C大阪 777.31
6 鹿島 774.86
7 甲府 773.96
8 鳥栖 764.69
9 新潟 756.81
10 仙台 732.86
11 浦和 716.77
12 G大阪 715.89
13 横浜FM 706.52
14 川崎F 706.36
15 広島 694.06
16 神戸 666.70
17 磐田 660.82
18 FC東京 658.99
順位表
勝点試合得点得失
1 福岡 40 20 30 14
2 湘南 40 20 23 7
3 東京V 34 20 31 12
4 水戸 34 20 26 7
5 名古屋 34 20 34 6
6 徳島 33 20 30 11
7 横浜FC 32 20 27 11
8 大分 32 20 29 7
9 長崎 32 20 26 3
10 山形 32 20 19 -2
11 愛媛 31 20 27 3
12 松本 27 20 25 10
13 千葉 27 20 31 0
14 岡山 27 20 20 -5
15 京都 25 20 26 0
16 岐阜 23 20 30 -2
17 町田 23 20 24 -2
18 金沢 22 20 20 -13
19 熊本 15 20 18 -17
20 讃岐 13 20 19 -12
21 山口 13 20 17 -12
22 群馬 13 20 14 -26
攻撃CBP
1 岐阜 497.09
2 千葉 439.77
3 名古屋 429.35
4 徳島 352.23
5 大分 336.72
6 湘南 336.46
7 山口 333.19
8 東京V 327.79
9 福岡 320.86
10 山形 305.14
11 愛媛 293.51
12 松本 287.43
13 京都 251.43
14 群馬 250.10
15 横浜FC 247.24
16 岡山 241.66
17 熊本 238.30
18 町田 238.10
19 水戸 236.50
20 金沢 234.50
21 讃岐 221.53
22 長崎 205.97
守備P
1 群馬 1144.70
2 町田 1143.79
3 岐阜 1114.49
4 讃岐 1079.80
5 山形 1065.62
6 徳島 1062.27
7 松本 1060.08
8 千葉 1058.63
9 湘南 1057.32
10 愛媛 1052.47
11 金沢 1050.30
12 岡山 1040.83
13 水戸 1040.17
14 東京V 1035.42
15 熊本 1003.06
16 山口 1001.73
17 横浜FC 1000.27
18 大分 966.52
19 長崎 963.97
20 福岡 956.30
21 名古屋 949.25
22 京都 930.64
#footballlab
HOME » 2016年J3 年間ベストイレブン
Team Select close