TEAM SELECT

柏レイソルSimulation

HOME » 柏レイソル 対戦予測シミュレーション
柏
柏レイソル Kashiwa Reysol

Contents Menu

Contents Menu

対戦予測シミュレーション

開発コンセプト

各チームにおける「状況別(※)シュート構築率」×「状況別シュート成功率」を考慮した対戦シミュレーションモデルの構築。

※後ろからビルドアップした方がゴールにつながりやすいチーム、前でボールを取った方が得点につながりやすいチーム、セットプレーで得点を取りやすいチームといったようにサッカーはそれぞれのチームスタイルがある。そこでそのような特徴を表すデータを状況別で分類し、それぞれのシュート構築率、シュート成功率に関する条件付き確率を使ってシミュレーターを構築した。

モデルの概念図

チーム別に以下のベイジアンネットワーク(複合条件付き確率モデル)を構築

①チーム別状況発生確率②チーム別状況別シュート構築率③チーム別状況別ゴール成功率
H
高い位置でボールを奪う確率
チーム別×H
シュート構築率
チーム別×H
ゴール成功率
M
中央の位置でボールを奪う確率
チーム別×M
シュート構築率
チーム別×M
ゴール成功率
L
低い位置でボールを奪う確率
チーム別×L
シュート構築率
チーム別×L
ゴール成功率
CK
CKの発生確率
チーム別×CK
シュート構築率
チーム別×CK
ゴール成功率
GK
GKの発生確率
チーム別×GK
シュート構築率
チーム別×GK
ゴール成功率
PK
PKの発生確率
チーム別×PK
シュート構築率
チーム別×PK
ゴール成功率
キックオフ
キックオフの発生確率
チーム別×キックオフ
シュート構築率
チーム別×キックオフ
ゴール成功率
スローイン
スローインの発生確率
チーム別×スローイン
シュート構築率
チーム別×スローイン
ゴール成功率
その他
その他の発生確率
チーム別×その他
シュート構築率
チーム別×その他
ゴール成功率
シミュレーション説明図

使用データ

2018年J1リーグ戦第15節までの各チームにおける攻撃データをもとに

を得点状況別に抽出。

対戦相手における上記データ(被データ)も按分したデータを使って、失点への影響も考慮。対戦相手が強い場合は高い位置でボールを奪いにくい、相手が引くチームの場合は高い位置でボールを奪いやすいといった概念を考慮している

シミュレーション方法

<①チーム別状況発生確率>を実装したサイコロを振り、約142回(制作時点でのJ1チームの1試合当たりの攻撃回数を参照)サイコロを振った結果を使い、以下のデータの発生をシミュレーション。

また、シュート発生時に「通常時」「CK、FK時」「PK時」「その他」の選手別シュート発生率を抽出し、誰がシュートを打つかどうかをシミュレートすることで、より試合後のスタッツに近い形のシミュレーションを実現。

こちらのシミュレーションを使って、どういったパターンで勝つのか?どの選手が点を取るのかなどを予測することが可能となっているので、試合前のプレビューを読みながら、どういった試合になるのか、見どころをチェックする上での参考にご活用ください。

Team Select

対戦予測シミュレーションの対戦相手を選択してください