北海道コンサドーレ札幌ベガルタ仙台鹿島アントラーズ浦和レッズ大宮アルディージャ柏レイソルFC東京川崎フロンターレ横浜F・マリノスヴァンフォーレ甲府アルビレックス新潟清水エスパルスジュビロ磐田ガンバ大阪セレッソ大阪ヴィッセル神戸サンフレッチェ広島サガン鳥栖
モンテディオ山形水戸ホーリーホックザスパクサツ群馬ジェフユナイテッド千葉東京ヴェルディFC町田ゼルビア横浜FC湘南ベルマーレ松本山雅FCツエーゲン金沢名古屋グランパスFC岐阜京都サンガF.C.ファジアーノ岡山レノファ山口FCカマタマーレ讃岐徳島ヴォルティス愛媛FCアビスパ福岡V・ファーレン長崎ロアッソ熊本大分トリニータ
グルージャ盛岡ブラウブリッツ秋田福島ユナイテッドFC栃木SCY.S.C.C.横浜SC相模原AC長野パルセイロカターレ富山藤枝MYFCアスルクラロ沼津ガイナーレ鳥取ギラヴァンツ北九州鹿児島ユナイテッドFCFC琉球FC東京U−23ガンバ大阪U−23セレッソ大阪U−23
HOME » チャンスビルディングポイントとは
RSS

Chance Building Point ~CBP~ チャンスビルディングポイントとは―

総論

本ウェブサイトでは、【Chance Building Point】(以下、CBP)という選手やチームを評価する独自の指標を軸に、データを基にしたサッカーの分析・研究を展開していきます。

CBPとは、「選手(またはチーム)が試合を通じてどれだけチャンス機会を構築することができたか」を独自のロジックにより数値化した指標です。選手(またはチーム)に対する評価方法が様々ある中で、「シュート機会への貢献」という観点での評価に軸足を置いています。

本指標をはじめ、近年注目を集めているデータを用いた分析により、サッカー関係者やサッカーファン・サポーターをはじめ、Jリーグに関わる全ての方に新しい視点を提供できればと考えています。

Chance Building Point ~CBP~ の考え方

フィールド上で発生するプレーを「プレー項目(パス、ドリブル、クロスなど)」と「エリア」で定義し、①そのプレーがどの程度シュートに結びつくか、②そのプレーがどの程度難しいか、という2つの視点に則った算出式を用いてスコア化します。すなわち、フィールド上で発生する全てのプレーにポイントを与えます。

①そのプレーがどの程度シュートに結びつくか
=該当プレー×エリア別シュート到達率(当該エリアでのプレーが、最終的にシュートに到達する確率)
②そのプレーがどの程度難しいか
=該当エリアにおけるプレーの難易度(当該エリアでのプレーが成功する難易度を独自ロジックでスコア化)

【CBPのスコア算出方法】

  • あるチームが攻撃していきシュートに到達した場合、シュートチャンスの構築に貢献したプレーヤーを評価
  • シュートチャンスの構築に貢献したプレーヤーが行ったプレー内容によってスコアを付与
  • スコア算出方法
    1. 該当するエリアでのプレーが起こった場合、そのエリアにおけるシュート到達率を算出
    2. 当エリアにおけるプレーの成功率から、難易度評価を考慮して算出

同じプレー項目でもエリアごとにシュート到達率や難易度が異なるため、それぞれを考慮した上で、各選手のプレーがいかにシュートチャンスに貢献したかを測ります。

攻撃CBP
ポイント化したプレーを、選手(またはチーム)が成功させた場合に、そのプレーのポイントを選手(またはチーム)に加点し、その累積ポイントで選手(またはチーム)を評価します。
また、シュートに限り、成功(ゴール)した場合は加点し、失敗した場合は減点します。
守備CBP
敵からボールを奪った(ボールゲインした)場合に、一つ前に行われた敵のプレーのポイントを奪った選手(またはチーム)に加点します。

難易度評価

例えばA選手が味方に1本のパスを通したとします。この時、前方(敵のゴール近く)で行なったのか、後方(自ゴール近く)で行なったのかを考慮する必要があります。このケースでは双方とも、成功率は1分の1で100%となりますが、意味合いが異なるため、それぞれのエリアにおけるリーグ平均の成功率を基にします。

リーグ平均成功率が30%のエリアと70%のエリアでは、30%のエリアで通すことの方が難しいため、30%のエリアで通したパスの方をより評価すべきと考えます。これが難易度評価です。

データ範囲・母数(サンプル数)

2008~2017 J1リーグ戦、J2リーグ戦、J3リーグ戦の全試合(リーグ戦のみ)

リーグごとに集計し、各リーグの平均値やエリアごとの難易度などを算出しています。
その数は総計100万プレー以上という膨大な数値となっています。

各プレー定義とエリア区分

Ⅰ. Offense ~攻撃~

プレー定義
・パス、ドリブル、クロスのポイントの合算値を攻撃としています。
・該当するプレーの定義は、各プレーのタブをご参照ください。
エリア区分

Ⅱ. Pass ~パス~

プレー定義
・味方にボールをつなぐことを意図したプレーをパスとしています。
・偶然的に味方にボールがつながったプレーはパスとしていません。
・クロス、セットプレーを除いています。
エリア区分

Ⅲ. Dribble ~ドリブル~

プレー定義
・相手を抜こうとする、かわそうとするプレー
・相手がいない状態でボールを運ぶプレーはドリブルとしていません。
エリア区分

Ⅳ. Cross ~クロス~

プレー定義
・シュートする意志を持たずに、グラウンドの3分の1を越えたペナルティエリア両脇の延長線の外から出したパス、もしくは、ペナルティエリア内でもゴールエリアの縦のラインより外側から出したパスをクロスとしています。
・到達地点がペナルティエリア内、もしくはペナルティエリアを通過したものに限り、主にシュートを狙う意図のある選手に対して出したプレーをクロスとしています。
・相手DFにブロックされ、結果的にゴール方向にボールが飛ばなくてもクロスとしています。
・セットプレーを除いています。
エリア区分

Ⅴ. Shot ~シュート~

プレー定義
・足(キック)、頭(ヘディング)、その他の部位などを使い、得点を取ることを目的としたプレーをシュートとしています。
・相手DFなどにブロックされて結果的にゴール方向にボールが飛ばなくてもシュートとしています。
・ゴールが決まった場合は、特にシュートを打つ意志がなかったとしても最後に触った選手のプレーはシュートとしています。(但しオウンゴールは除きます)
エリア区分

Ⅵ. Defense ~守備~

プレー定義
・相手の攻撃(プレー)に対しボールを取り返し、自チームの攻撃に繋げたプレーを守備としています。
エリア区分

Ⅶ. Save ~セーブ~

プレー定義
・相手のシュートに対して、ゴールキーパーがキャッチまたはパンチング等で防ぎ、ゴールに至らなかったプレーをセーブとしています。
エリア区分
このページをツイートして、フォロワーに広めよう!
PICK UPmore
2017 7/14 [Fri.] 終盤の失点が大幅に減少。躍進するセレッソ大阪 18節を終えた段階で首位に立つなど、苦戦が予想されたプレーオフからの昇格チームとしては、大方の予想を上回る好成績を収めているC大阪。得点はリーグで2位、失点は3番目に少なく、今季は攻守両面のバランスが非常に良い。あえて「今季は」と記したのは、昨季は守備面に難ありと評されていたからだ。得点はリーグで3位だったが、失点の多さはリーグの中位。しかも、J2での結果なので「ましてやJ1では……」と考えてしまうのは、申し訳ないが必然ともいえる。終盤(残り30分)での失点が昨季は30。総失点のおよそ3分の2にあたり、76分以降では18失点を喫していたが、今季は同時間帯での失点がそれぞれ4(総失点の4分の1)、1と大きく改善されている。1試合平均失点の全体数に対する各時間帯の割合を見ると、その差は歴然。被シュート数が増える終盤でも、ブロック率の上昇や被シュート枠内率の低下といった数値が表れており、ここが改善したことでトータルの失点数も非常に少なくなった。
2017 6/2 [Fri.] 勝ち抜くためには縦ポン推奨? ~J3というカテゴリー~
2017 5/22 [Mon.] ACLラウンド16で対戦する3チームの特徴を徹底分析!
Column more
2017 7/14 [Fri.] 終盤の失点が大幅に減少。躍進するセレッソ大阪 18節を終えた段階で首位に立つなど、苦戦が予想されたプレーオフからの昇格チームとしては、大方の予想を上回る好成績を収めているC大阪。得点はリーグで2位、失点は3番目に少なく、今季は攻守両面のバランスが非常に良い。あえて「今季は」と記したのは、昨季は守備面に難ありと評されていたからだ。得点はリーグで3位だったが、失点の多さはリーグの中位。しかも、J2での結果なので「ましてやJ1では……」と考えてしまうのは、申し訳ないが必然ともいえる。終盤(残り30分)での失点が昨季は30。総失点のおよそ3分の2にあたり、76分以降では18失点を喫していたが、今季は同時間帯での失点がそれぞれ4(総失点の4分の1)、1と大きく改善されている。1試合平均失点の全体数に対する各時間帯の割合を見ると、その差は歴然。被シュート数が増える終盤でも、ブロック率の上昇や被シュート枠内率の低下といった数値が表れており、ここが改善したことでトータルの失点数も非常に少なくなった。
2017 6/2 [Fri.] 勝ち抜くためには縦ポン推奨? ~J3というカテゴリー~
2017 5/22 [Mon.] ACLラウンド16で対戦する3チームの特徴を徹底分析!
順位表
勝点試合得点得失
1 C大阪 38 18 35 19
2 鹿島 37 18 28 9
3 川崎F 35 18 33 16
4 34 18 27 8
5 横浜FM 33 18 23 8
6 G大阪 32 18 31 13
7 磐田 31 18 25 10
8 浦和 29 18 43 13
9 神戸 26 18 20 -2
10 FC東京 25 18 24 3
11 鳥栖 24 18 21 -1
12 清水 21 18 21 -4
13 仙台 21 18 22 -13
14 甲府 16 18 10 -9
15 札幌 16 18 16 -12
16 大宮 15 18 16 -16
17 広島 11 18 16 -15
18 新潟 8 18 12 -27
攻撃CBP
1 浦和 399.93
2 川崎F 397.79
3 広島 366.49
4 鹿島 326.57
5 C大阪 309.68
6 G大阪 301.71
7 300.08
8 仙台 299.90
9 神戸 293.57
10 FC東京 277.02
11 横浜FM 248.65
12 清水 241.33
13 鳥栖 239.94
14 札幌 239.54
15 磐田 222.41
16 大宮 219.58
17 甲府 187.91
18 新潟 180.66
守備P
1 鹿島 942.86
2 912.91
3 甲府 885.40
4 大宮 882.52
5 清水 878.66
6 札幌 876.71
7 C大阪 866.89
8 G大阪 863.89
9 鳥栖 834.39
10 浦和 826.55
11 新潟 822.65
12 仙台 813.35
13 川崎F 799.66
14 横浜FM 786.93
15 広島 767.04
16 神戸 750.00
17 FC東京 748.35
18 磐田 726.32
順位表
勝点試合得点得失
1 湘南 47 23 27 10
2 福岡 46 23 34 15
3 長崎 41 23 30 7
4 徳島 40 23 37 16
5 名古屋 37 23 36 4
6 横浜FC 35 23 31 9
7 東京V 35 23 32 6
8 水戸 35 23 28 2
9 大分 34 23 32 4
10 岡山 34 23 26 -1
11 松本 33 23 30 12
12 千葉 33 23 39 3
13 町田 32 23 31 4
14 愛媛 32 23 30 -2
15 山形 32 23 20 -7
16 京都 29 23 30 0
17 金沢 28 23 26 -11
18 岐阜 26 23 33 -3
19 熊本 22 23 25 -12
20 山口 19 23 23 -9
21 讃岐 13 23 23 -16
22 群馬 13 23 15 -31
攻撃CBP
1 岐阜 562.67
2 千葉 501.73
3 名古屋 489.63
4 徳島 411.12
5 東京V 388.36
6 大分 386.24
7 湘南 384.95
8 福岡 382.68
9 山口 375.07
10 山形 356.73
11 愛媛 344.95
12 松本 327.76
13 横浜FC 303.19
14 京都 293.48
15 岡山 284.82
16 群馬 276.73
17 水戸 272.89
18 町田 271.79
19 金沢 271.65
20 熊本 267.93
21 讃岐 249.58
22 長崎 240.62
守備P
1 群馬 1313.20
2 町田 1296.18
3 岐阜 1264.26
4 山形 1237.49
5 岡山 1220.78
6 徳島 1213.57
7 讃岐 1208.27
8 東京V 1202.40
9 金沢 1197.37
10 湘南 1194.12
11 愛媛 1194.03
12 千葉 1191.37
13 山口 1180.76
14 水戸 1178.82
15 松本 1162.96
16 横浜FC 1137.82
17 熊本 1130.40
18 大分 1119.49
19 長崎 1109.00
20 福岡 1084.01
21 名古屋 1079.63
22 京都 1064.92
#footballlab
HOME » チャンスビルディングポイントとは
Team Select close