北海道コンサドーレ札幌ベガルタ仙台鹿島アントラーズ浦和レッズ大宮アルディージャ柏レイソルFC東京川崎フロンターレ横浜F・マリノスヴァンフォーレ甲府アルビレックス新潟清水エスパルスジュビロ磐田ガンバ大阪セレッソ大阪ヴィッセル神戸サンフレッチェ広島サガン鳥栖
モンテディオ山形水戸ホーリーホックザスパクサツ群馬ジェフユナイテッド千葉東京ヴェルディFC町田ゼルビア横浜FC湘南ベルマーレ松本山雅FCツエーゲン金沢名古屋グランパスFC岐阜京都サンガF.C.ファジアーノ岡山レノファ山口FCカマタマーレ讃岐徳島ヴォルティス愛媛FCアビスパ福岡V・ファーレン長崎ロアッソ熊本大分トリニータ
グルージャ盛岡ブラウブリッツ秋田福島ユナイテッドFC栃木SCY.S.C.C.横浜SC相模原AC長野パルセイロカターレ富山藤枝MYFCアスルクラロ沼津ガイナーレ鳥取ギラヴァンツ北九州鹿児島ユナイテッドFCFC琉球FC東京U−23ガンバ大阪U−23セレッソ大阪U−23
HOME » 【ACL】浦和vs上海上港 アジアで戦う上での課題
RSS
Column
2017 4/14 [Fri.]

【ACL】浦和vs上海上港 アジアで戦う上での課題

AFCチャンピオンズリーグの3節で上海上港に2-3と惜敗を喫した浦和は、4節ではホームに彼らを迎えた。結果は1-0で勝利。グループFの首位に浮上し、グループステージの突破に大きく前進した。

■オスカルを抑えろ

抜群の攻撃力を見せる上海上港は、エースであるフッキが欠場。必然的に2列目の中央に位置したオスカルをどのように抑えるかが重要な中で、序盤はそれが成功した。この試合において、両チームの中で最も多くプレーしたのはオスカルで91回。しかし、前半15分までのプレー回数は9回で、パスが成功したのはわずか3回と仕事をさせていなかったことがわかる。

すると、図に示したように背番号8は前にいるだけでなく下がってボールを受け、パスを散らすことで局面の打開を図っていく。さらに、時間が経過するにつれて、引いた後に前に出ていき仕掛ける回数が増加。それにより浦和は押し込まれる時間が長くなった。後半にマイボールにしたエリアの67.6%がディフェンシブサードであることや(国内リーグ戦の平均は41.3%)、相手のシュート数が11本であることからも、それが読み取れる。

■ドリブルへの対応

また、オスカルと7番ウーレイのドリブルに苦戦したことも、その原因といえるはずだ。前者は8回全て後半に記録されていて成功率は62.5%、後者は4回で同75.0%。浦和の今季の国内リーグ戦における相手のドリブル成功率が40.0%であることを考えれば、非常に高い数値であることがわかる(ちなみに3節ではフッキに8回仕掛けられて成功率は75.0%)。特に、後半11分にウーレイにDF2人が置き去りにされた場面やオスカルを倒してPKを与えてしまった場面は、その象徴ともいえるのではないだろうか。

決勝点となったラファエルシルバのゴールでは、ハーフウェーライン付近で宇賀神がボールを奪うと5人が絡み7本のパスがつながる浦和らしいカウンターアタックを披露し、絶体絶命ともいえる2度のPKの場面では、西川が見事にしのぎ切ってみせた。しかし、Jリーグでは体感できないような相手を抑えられるかどうかは、アジアの頂点を目指す彼らにとって重要となってくるに違いないだろう。

関連リンク
浦和レッズ 2017シーズンサマリー(リーグ戦データ)

このページをツイートして、フォロワーに広めよう!
Archive
コンサドーレ札幌, ベガルタ仙台, 鹿島アントラーズ, 浦和レッズ, 大宮アルディージャ, 柏レイソル, FC東京, 川崎フロンターレ, 横浜Fマリノス, ヴァンフォーレ甲府, アルビレックス新潟, 清水エスパルス, ジュビロ磐田, ガンバ大阪, セレッソ大阪, ヴィッセル神戸, サンフレッチェ広島, サガン鳥栖, モンテディオ山形, 水戸ホーリーホック, ザスパクサツ群馬, ジェフユナイテッド千葉, 東京ヴェルディ, FC町田ゼルビア, 横浜FC, 湘南ベルマーレ, 松本山雅FC, ツエーゲン金沢, 名古屋グランパス, FC岐阜, 京都サンガF.C., ファジアーノ岡山, レノファ山口, カマタマーレ讃岐, 徳島ヴォルティス, 愛媛FC, アビスパ福岡, V・ファーレン長崎, ロアッソ熊本, 大分トリニータ, J1, J2, J3, 日本代表, 五輪代表, ルヴァンカップ, ワールドカップ, レビュー, プレビュー, ACL, ベストイレブン, グルージャ盛岡, ブラウブリッツ秋田, 福島ユナイテッドFC, 栃木SC, Y.S.C.C.横浜, SC相模原, AC長野パルセイロ, カターレ富山, 藤枝MYFC, アスルクラロ沼津, ガイナーレ鳥取, ギラヴァンツ北九州, 鹿児島ユナイテッドFC, FC琉球, Jリーグ・アンダー22選抜, FC東京U-23, ガンバ大阪U-23, セレッソ大阪U-23, ロンドン五輪, 海外日本人選手, トラッキングデータ, 選手指標開発
Jリーグスタジアム
順位表
勝点試合得点得失
1 浦和 19 8 24 15
2 G大阪 15 8 19 11
3 神戸 15 8 10 3
4 鹿島 15 8 10 2
5 FC東京 13 8 13 4
6 磐田 13 8 11 4
7 川崎F 13 8 11 2
8 C大阪 13 8 9 2
9 横浜FM 13 8 10 1
10 12 8 11 1
11 清水 11 8 11 1
11 鳥栖 11 8 11 1
13 仙台 10 8 7 -11
14 甲府 9 8 7 -3
15 札幌 8 8 8 -5
16 広島 5 8 6 -5
17 新潟 5 8 7 -8
18 大宮 1 8 2 -15
攻撃CBP
1 川崎F 183.30
2 浦和 173.51
3 広島 171.03
4 鹿島 160.85
5 G大阪 136.68
6 131.48
7 C大阪 128.54
8 神戸 126.00
9 FC東京 116.68
10 清水 115.40
11 仙台 115.31
12 横浜FM 111.17
13 札幌 104.77
14 大宮 104.10
15 鳥栖 98.84
16 磐田 91.56
17 甲府 74.97
18 新潟 72.59
守備P
1 甲府 437.65
2 C大阪 432.02
3 鹿島 423.03
4 川崎F 418.78
5 414.30
6 新潟 406.37
7 浦和 401.35
8 大宮 397.82
9 鳥栖 390.17
10 G大阪 387.89
11 清水 386.41
12 神戸 385.13
13 札幌 375.99
14 横浜FM 372.18
15 広島 359.79
16 磐田 357.40
17 仙台 335.06
18 FC東京 326.13
順位表
勝点試合得点得失
1 東京V 18 9 14 8
2 横浜FC 17 9 11 6
3 名古屋 17 9 16 5
4 徳島 17 9 11 4
5 湘南 17 9 13 3
6 大分 16 9 10 3
7 福岡 15 9 10 1
8 松本 14 9 11 4
9 長崎 13 9 11 1
10 山形 13 9 9 0
11 岐阜 12 9 13 1
12 町田 12 9 10 1
13 愛媛 12 9 8 0
14 岡山 12 9 9 -1
15 千葉 12 9 9 -4
16 水戸 11 9 10 -1
17 熊本 11 9 10 -2
18 山口 9 9 8 -3
19 京都 8 9 10 -4
20 金沢 8 9 6 -6
21 讃岐 7 9 11 -2
22 群馬 1 9 4 -14
攻撃CBP
1 岐阜 235.75
2 千葉 191.98
3 名古屋 177.48
4 大分 160.43
5 湘南 160.21
6 徳島 154.00
7 山口 148.52
8 愛媛 145.59
9 東京V 138.66
10 福岡 129.38
11 山形 122.85
12 松本 121.21
13 水戸 114.31
14 京都 114.26
15 町田 112.30
16 熊本 110.72
17 岡山 110.29
18 讃岐 109.31
19 群馬 108.13
20 金沢 105.93
21 横浜FC 95.45
22 長崎 94.81
守備P
1 岐阜 578.16
2 徳島 540.17
3 讃岐 517.03
4 町田 506.91
5 東京V 502.55
6 千葉 500.00
7 湘南 497.93
8 岡山 491.11
9 熊本 480.34
10 山口 478.41
11 松本 474.20
12 金沢 473.97
13 山形 471.10
14 群馬 470.41
15 長崎 469.15
16 横浜FC 462.55
17 愛媛 462.49
18 大分 460.27
19 水戸 459.56
20 福岡 450.82
21 名古屋 449.41
22 京都 415.16
#footballlab
HOME » 【ACL】浦和vs上海上港 アジアで戦う上での課題
Team Select close