北海道コンサドーレ札幌ベガルタ仙台鹿島アントラーズ浦和レッズ大宮アルディージャ柏レイソルFC東京川崎フロンターレ横浜F・マリノスヴァンフォーレ甲府アルビレックス新潟清水エスパルスジュビロ磐田ガンバ大阪セレッソ大阪ヴィッセル神戸サンフレッチェ広島サガン鳥栖
モンテディオ山形水戸ホーリーホックザスパクサツ群馬ジェフユナイテッド千葉東京ヴェルディFC町田ゼルビア横浜FC湘南ベルマーレ松本山雅FCツエーゲン金沢名古屋グランパスFC岐阜京都サンガF.C.ファジアーノ岡山レノファ山口FCカマタマーレ讃岐徳島ヴォルティス愛媛FCアビスパ福岡V・ファーレン長崎ロアッソ熊本大分トリニータ
グルージャ盛岡ブラウブリッツ秋田福島ユナイテッドFC栃木SCY.S.C.C.横浜SC相模原AC長野パルセイロカターレ富山藤枝MYFCアスルクラロ沼津ガイナーレ鳥取ギラヴァンツ北九州鹿児島ユナイテッドFCFC琉球FC東京U−23ガンバ大阪U−23セレッソ大阪U−23
HOME » J1のコラム一覧
RSS

Column

タグ "J1" のコラム一覧
2016 11/28 [Mon.]

チャンピオンシッププレビュー ~雌雄を決するとき

明治安田生命2016Jリーグチャンピオンシップの決勝は年間勝点1位の浦和と1stステージの王者である鹿島が激突する。リーグ戦の対決では、ともにアウェイチームが勝利を飾り1勝1敗。チャンピオンシップで正に今季の決着をつけることとなった。では、どのような展開が予想されるだろうか。図表1を見ると、2戦ともにボールを保持していたのは多くの時間帯で浦和だった。特に、鹿島が1stステージの対戦時に記録した37.1%という数字は、34試合の中で彼らにとって最低。2ndステージのゲームでは46.6%であったことを考えれば、今回の対戦でも浦和のポゼッションが長くなることが予想される。

全てのタグを表示
続きを読む
2016 11/2 [Wed.]

2016年J1 全試合出場を達成しようとしている選手一覧

明治安田J1 2nd第16節終了時点で全試合に出場している選手は24人で、その内訳はGKが7人、フィールドプレーヤーが17人。昨季は28人が全試合出場を達成しており、今季はそれよりも減少することとなる。リオデジャネイロオリンピックが開催されたこともあり、若手選手が代表に帯同する機会が多かったことも影響しているのだろう。

全てのタグを表示
続きを読む
2016 10/17 [Mon.]

スペースがある状況下でのシュートデータ

シュートの「精度」をデータで示すのはとても難しい。成功率(ゴール率)、枠内へのシュートといったデータはFootball LABでも取り扱っているが、それらはゴールまでの距離や角度が異なるだけで数値の傾向は変わってくる。チャンスビルディングポイント内にあるシュートポイントも細かいエリア別のシュートから判定したものだが、精度を示したものとは言い難い。プレー単位のデータだけをベースとすると表現に限界があるが、ここにトラッキングデータを加えるとまた新しいデータを生み出すことができる。その中からシュートを打った際にシュート選手の周りに相手選手がいる状況、いない状況でどれくらいデータが変わるのかを紹介しよう。これらを紹介する上での基準を下記のように設けた。シュート選手に対して半径2mを基準とするペナルティエリア(以下PA)内でのシュートのみPKはもちろんCK、FKなどアタッキングサードに選手が密集した一連のセットプレー攻撃から生まれたシュートは除く試合範囲は2016年J1開幕から2ndステージ11節までとする通常、シュート枠内(率)にはブロックされたシュートは含まないが、本コラムに関してはブロックされたものでも枠内に向かっていれば「枠内方向(率)」として計算するまずはリーグ全体の傾向を見てみよう。PAを中央とサイドに分け、ワンタッチによるシュートとツータッチ以上からのシュートで図表を分けた。

全てのタグを表示
続きを読む
2016 10/7 [Fri.]

浦和vsG大阪の前半、遠藤保仁が消えた理由

近年、浦和レッズとガンバ大阪は激しいタイトル争いを見せており、本年も2ndステージの今後を占う上で重要な一戦であった。そして最近のこの時期の同カードはG大阪が勝利を収めることが多く、浦和にとってG大阪は天敵となっていたが、10/1(土)に行われた試合ではこれまでの鬱憤を晴らすかのごとくゴールを沈め、4-0と快勝。この点差は後半途中に退場者を出したことも影響しているが、この試合では前半からG大阪に異常が起きていた。象徴的存在である背番号7・遠藤保仁が消えていたのである。前半のデータを振り返ってみよう。G大阪の前半のボール支配率は41.1%と低い数値となった。そしてG大阪のボール支配時の平均ポジションとパス交換は下図の通りとなった。

全てのタグを表示
続きを読む
2016 10/3 [Mon.]

「最速の男は誰?」J1ドリブルスピードランキング

トラッキングデータの取得が始まり、Jリーグ公式サイトでは走行距離やスプリント回数といったデータが掲載されている。このトラッキングデータと、これまでFootball LABで紹介してきたプレーデータを組み合わせることで、さらに多くのデータを生み出すことができる。そのデータ紹介企画の初回である本記事では、プレー時における選手のスピードのデータの中から「ドリブル」を取り上げたい。今季、最も速いドリブルを記録した選手は誰か。ドリブルが多い選手は、スピードという面においてどのような特徴があるのかを以下にまとめた。※なお「ドリブル」の定義は、相手選手を抜こうとするなどして仕掛けたもの

全てのタグを表示
続きを読む
Archive
コンサドーレ札幌, ベガルタ仙台, 鹿島アントラーズ, 浦和レッズ, 大宮アルディージャ, 柏レイソル, FC東京, 川崎フロンターレ, 横浜Fマリノス, ヴァンフォーレ甲府, アルビレックス新潟, 清水エスパルス, ジュビロ磐田, ガンバ大阪, セレッソ大阪, ヴィッセル神戸, サンフレッチェ広島, サガン鳥栖, モンテディオ山形, 水戸ホーリーホック, ザスパクサツ群馬, ジェフユナイテッド千葉, 東京ヴェルディ, FC町田ゼルビア, 横浜FC, 湘南ベルマーレ, 松本山雅FC, ツエーゲン金沢, 名古屋グランパス, FC岐阜, 京都サンガF.C., ファジアーノ岡山, レノファ山口, カマタマーレ讃岐, 徳島ヴォルティス, 愛媛FC, アビスパ福岡, V・ファーレン長崎, ロアッソ熊本, 大分トリニータ, J1, J2, J3, 日本代表, 五輪代表, ルヴァンカップ, ワールドカップ, レビュー, プレビュー, ACL, ベストイレブン, グルージャ盛岡, ブラウブリッツ秋田, 福島ユナイテッドFC, 栃木SC, Y.S.C.C.横浜, SC相模原, AC長野パルセイロ, カターレ富山, 藤枝MYFC, アスルクラロ沼津, ガイナーレ鳥取, ギラヴァンツ北九州, 鹿児島ユナイテッドFC, FC琉球, Jリーグ・アンダー22選抜, FC東京U-23, ガンバ大阪U-23, セレッソ大阪U-23, ロンドン五輪, 海外日本人選手, トラッキングデータ, 選手指標開発
このページをツイートして、フォロワーに広めよう!
順位表
勝点試合得点得失
1 鹿島 64 30 50 20
2 川崎F 62 30 62 32
3 横浜FM 55 30 40 12
4 C大阪 54 30 56 17
5 54 30 45 14
6 磐田 51 30 46 18
7 浦和 46 30 63 12
8 鳥栖 44 30 37 0
9 G大阪 41 30 47 9
10 神戸 41 30 34 -1
11 FC東京 38 30 35 -3
12 仙台 36 30 38 -11
13 札幌 34 30 32 -11
14 清水 30 30 31 -17
15 甲府 28 30 20 -15
16 広島 27 30 28 -17
17 大宮 24 30 27 -23
18 新潟 16 30 22 -36
攻撃CBP
1 川崎F 662.11
2 浦和 622.75
3 鹿島 539.51
4 広島 530.63
5 G大阪 492.83
6 C大阪 491.11
7 487.14
8 仙台 465.87
9 神戸 461.24
10 FC東京 452.56
11 横浜FM 417.60
12 札幌 399.90
13 鳥栖 389.66
14 清水 382.97
15 磐田 377.99
16 大宮 361.88
17 甲府 320.04
18 新潟 317.67
守備P
1 鹿島 1425.33
2 1419.23
3 甲府 1377.19
4 C大阪 1369.25
5 札幌 1368.79
6 新潟 1356.03
7 大宮 1351.09
8 清水 1335.26
9 広島 1324.19
10 浦和 1320.52
11 G大阪 1313.89
12 川崎F 1313.39
13 鳥栖 1277.67
14 仙台 1258.62
15 FC東京 1221.71
16 横浜FM 1218.05
17 神戸 1175.12
18 磐田 1108.86
順位表
勝点試合得点得失
1 湘南 80 38 54 23
2 福岡 68 38 50 17
3 長崎 68 38 48 9
4 名古屋 66 38 78 18
5 東京V 63 38 60 14
6 徳島 61 38 64 25
7 松本 61 38 57 16
8 大分 60 38 54 9
9 横浜FC 58 38 54 10
10 千葉 56 38 61 6
11 岡山 52 38 41 -4
12 水戸 51 38 41 0
13 山形 51 38 37 -6
14 京都 49 37 49 6
15 町田 48 38 50 2
16 愛媛 46 37 46 -12
17 岐阜 44 38 52 -8
18 金沢 39 38 41 -23
19 熊本 37 38 34 -15
20 讃岐 36 38 38 -16
21 山口 31 38 44 -22
22 群馬 19 38 26 -49
攻撃CBP
1 岐阜 934.00
2 名古屋 850.04
3 千葉 736.33
4 徳島 675.75
5 大分 645.60
6 東京V 643.33
7 湘南 612.50
8 福岡 602.21
9 山形 587.79
10 山口 553.33
11 愛媛 540.92
12 横浜FC 538.84
13 松本 514.32
14 京都 482.15
15 金沢 472.92
16 岡山 467.77
17 熊本 455.44
18 群馬 454.90
19 水戸 452.77
20 町田 447.32
21 讃岐 417.95
22 長崎 398.84
守備P
1 町田 2078.75
2 群馬 1996.39
3 山形 1967.31
4 岡山 1962.55
5 湘南 1931.58
6 徳島 1922.23
7 岐阜 1916.21
8 熊本 1906.19
9 金沢 1894.94
10 松本 1883.71
11 水戸 1868.15
12 千葉 1862.60
13 山口 1849.40
14 東京V 1845.60
15 愛媛 1844.36
16 讃岐 1834.74
17 大分 1788.30
18 福岡 1739.20
19 名古屋 1729.31
20 横浜FC 1718.81
21 京都 1703.83
22 長崎 1693.95
#footballlab
HOME » J1のコラム一覧
Team Select close