北海道コンサドーレ札幌ベガルタ仙台鹿島アントラーズ浦和レッズ大宮アルディージャ柏レイソルFC東京川崎フロンターレ横浜F・マリノスヴァンフォーレ甲府アルビレックス新潟清水エスパルスジュビロ磐田ガンバ大阪セレッソ大阪ヴィッセル神戸サンフレッチェ広島サガン鳥栖
モンテディオ山形水戸ホーリーホックザスパクサツ群馬ジェフユナイテッド千葉東京ヴェルディFC町田ゼルビア横浜FC湘南ベルマーレ松本山雅FCツエーゲン金沢名古屋グランパスFC岐阜京都サンガF.C.ファジアーノ岡山レノファ山口FCカマタマーレ讃岐徳島ヴォルティス愛媛FCアビスパ福岡V・ファーレン長崎ロアッソ熊本大分トリニータ
グルージャ盛岡ブラウブリッツ秋田福島ユナイテッドFC栃木SCY.S.C.C.横浜SC相模原AC長野パルセイロカターレ富山藤枝MYFCアスルクラロ沼津ガイナーレ鳥取ギラヴァンツ北九州鹿児島ユナイテッドFCFC琉球FC東京U−23ガンバ大阪U−23セレッソ大阪U−23
HOME » サンフレッチェ広島のコラム一覧
RSS

Column

サンフレッチェ広島
Sanfrecce Hiroshima サンフレッチェ広島[J1 2017シーズン]
順位 勝点 引分 得点 失点 得失点差
15 33 8 9 17 32 49 -17
Recent Result
2017 12/2[Sat]AWAY
広島 広島 0 - 1 柏
Next Match
試合がありません
タグ "サンフレッチェ広島" のコラム一覧
2016 10/17 [Mon.]

スペースがある状況下でのシュートデータ

シュートの「精度」をデータで示すのはとても難しい。成功率(ゴール率)、枠内へのシュートといったデータはFootball LABでも取り扱っているが、それらはゴールまでの距離や角度が異なるだけで数値の傾向は変わってくる。チャンスビルディングポイント内にあるシュートポイントも細かいエリア別のシュートから判定したものだが、精度を示したものとは言い難い。プレー単位のデータだけをベースとすると表現に限界があるが、ここにトラッキングデータを加えるとまた新しいデータを生み出すことができる。その中からシュートを打った際にシュート選手の周りに相手選手がいる状況、いない状況でどれくらいデータが変わるのかを紹介しよう。これらを紹介する上での基準を下記のように設けた。シュート選手に対して半径2mを基準とするペナルティエリア(以下PA)内でのシュートのみPKはもちろんCK、FKなどアタッキングサードに選手が密集した一連のセットプレー攻撃から生まれたシュートは除く試合範囲は2016年J1開幕から2ndステージ11節までとする通常、シュート枠内(率)にはブロックされたシュートは含まないが、本コラムに関してはブロックされたものでも枠内に向かっていれば「枠内方向(率)」として計算するまずはリーグ全体の傾向を見てみよう。PAを中央とサイドに分け、ワンタッチによるシュートとツータッチ以上からのシュートで図表を分けた。

全てのタグを表示
続きを読む
2016 10/3 [Mon.]

「最速の男は誰?」J1ドリブルスピードランキング

トラッキングデータの取得が始まり、Jリーグ公式サイトでは走行距離やスプリント回数といったデータが掲載されている。このトラッキングデータと、これまでFootball LABで紹介してきたプレーデータを組み合わせることで、さらに多くのデータを生み出すことができる。そのデータ紹介企画の初回である本記事では、プレー時における選手のスピードのデータの中から「ドリブル」を取り上げたい。今季、最も速いドリブルを記録した選手は誰か。ドリブルが多い選手は、スピードという面においてどのような特徴があるのかを以下にまとめた。※なお「ドリブル」の定義は、相手選手を抜こうとするなどして仕掛けたもの

全てのタグを表示
続きを読む
2016 7/1 [Fri.]

2016年J1 1stステージベストイレブン

2ステージ制が復活して、2年目のシーズンを迎えた明治安田J1。今季の1stステージは、川崎Fが悲願のタイトルへ向けてあと一歩まで迫ったが、最後は鹿島が怒とうの6連勝を飾って優勝を果たした。7月2日の2ndステージ開幕が迫る中、フットボールラボでは、チャンスビルディングポイント(以下CBP)を中心としたデータから独自のベストイレブンを選出。フォーメーションは「4-4-2」を採用した。前半戦で輝きを放った選手は誰か。後半戦の行方を占う意味でも注目だ。なお、対象となる選手は出場時間が所属チームの試合時間の3分の2以上としており、CBPは累積の値となる。

全てのタグを表示
続きを読む
2016 5/27 [Fri.]

J1リーグ1stステージの順位をシミュレーションした結果

明治安田生命J1リーグは第13節を終え1stステージの閉幕まであと約1ヶ月となった。消化試合数に差がある順位表となっているが、現在の首位は川崎フロンターレ。1ポイント差で鹿島アントラーズが追い、さらに1ポイント差で浦和レッズが追っているが浦和は上位2チームより2試合少ない状況となっている。残り試合でどうなるのか?Football LABの対戦予測シミュレーションで残り試合を100回シミュレーションし、順位の分布を下図にまとめた。

全てのタグを表示
続きを読む
Archive
  • 2018年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
コンサドーレ札幌, ベガルタ仙台, 鹿島アントラーズ, 浦和レッズ, 大宮アルディージャ, 柏レイソル, FC東京, 川崎フロンターレ, 横浜Fマリノス, ヴァンフォーレ甲府, アルビレックス新潟, 清水エスパルス, ジュビロ磐田, ガンバ大阪, セレッソ大阪, ヴィッセル神戸, サンフレッチェ広島, サガン鳥栖, モンテディオ山形, 水戸ホーリーホック, ザスパクサツ群馬, ジェフユナイテッド千葉, 東京ヴェルディ, FC町田ゼルビア, 横浜FC, 湘南ベルマーレ, 松本山雅FC, ツエーゲン金沢, 名古屋グランパス, FC岐阜, 京都サンガF.C., ファジアーノ岡山, レノファ山口, カマタマーレ讃岐, 徳島ヴォルティス, 愛媛FC, アビスパ福岡, V・ファーレン長崎, ロアッソ熊本, 大分トリニータ, J1, J2, J3, 日本代表, 五輪代表, ルヴァンカップ, ワールドカップ, レビュー, プレビュー, ACL, ベストイレブン, グルージャ盛岡, ブラウブリッツ秋田, 福島ユナイテッドFC, 栃木SC, Y.S.C.C.横浜, SC相模原, AC長野パルセイロ, カターレ富山, 藤枝MYFC, アスルクラロ沼津, ガイナーレ鳥取, ギラヴァンツ北九州, 鹿児島ユナイテッドFC, FC琉球, Jリーグ・アンダー22選抜, FC東京U-23, ガンバ大阪U-23, セレッソ大阪U-23, ロンドン五輪, 海外日本人選手, トラッキングデータ, 選手指標開発
このページをツイートして、フォロワーに広めよう!
順位表
勝点試合得点得失
1 川崎F 72 34 71 39
2 鹿島 72 34 53 22
3 C大阪 63 34 65 22
4 62 34 49 16
5 横浜FM 59 34 45 9
6 磐田 58 34 50 20
7 浦和 49 34 64 10
8 鳥栖 47 34 41 -3
9 神戸 44 34 40 -5
10 G大阪 43 34 48 7
11 札幌 43 34 39 -8
12 仙台 41 34 44 -9
13 FC東京 40 34 37 -5
14 清水 34 34 36 -18
15 広島 33 34 32 -17
16 甲府 32 34 23 -16
17 新潟 28 34 28 -32
18 大宮 25 34 28 -32
攻撃CBP
1 川崎F 761.03
2 浦和 723.39
3 鹿島 641.52
4 広島 623.89
5 C大阪 588.24
6 G大阪 567.96
7 仙台 561.06
8 558.29
9 神戸 550.93
10 FC東京 535.68
11 横浜FM 470.84
12 札幌 459.51
13 清水 443.40
14 磐田 443.39
15 鳥栖 439.62
16 大宮 420.32
17 甲府 390.38
18 新潟 376.87
守備P
1 1716.07
2 鹿島 1667.41
3 甲府 1638.17
4 大宮 1632.77
5 新潟 1621.74
6 C大阪 1604.50
7 札幌 1591.81
8 清水 1590.03
9 川崎F 1562.33
10 浦和 1547.13
11 広島 1535.80
12 G大阪 1519.84
13 仙台 1498.11
14 FC東京 1468.77
15 横浜FM 1468.24
16 神戸 1460.98
17 鳥栖 1451.91
18 磐田 1326.93
順位表
勝点試合得点得失
1 湘南 83 42 58 22
2 長崎 80 42 59 18
3 名古屋 75 42 85 20
4 福岡 74 42 54 18
5 東京V 70 42 64 15
6 千葉 68 42 70 12
7 徳島 67 42 71 26
8 松本 66 42 61 16
9 大分 64 42 58 8
10 横浜FC 63 42 60 11
11 山形 59 42 45 -2
12 京都 57 42 55 8
13 岡山 55 42 44 -5
14 水戸 54 42 45 -3
15 愛媛 51 42 54 -14
16 町田 50 42 53 0
17 金沢 49 42 49 -18
18 岐阜 46 42 56 -12
19 讃岐 38 42 41 -20
20 山口 38 42 48 -21
21 熊本 37 42 36 -23
22 群馬 20 42 32 -56
攻撃CBP
1 岐阜 1048.91
2 名古屋 971.31
3 千葉 811.51
4 徳島 796.32
5 大分 732.95
6 東京V 724.51
7 湘南 690.09
8 福岡 680.31
9 山形 661.44
10 山口 630.18
11 愛媛 627.08
12 横浜FC 614.62
13 松本 585.54
14 京都 555.11
15 金沢 541.65
16 岡山 533.51
17 熊本 526.02
18 水戸 517.53
19 群馬 515.54
20 町田 500.83
21 讃岐 462.54
22 長崎 460.56
守備P
1 町田 2360.53
2 群馬 2289.18
3 山形 2281.49
4 岡山 2277.32
5 愛媛 2201.25
6 湘南 2188.39
7 岐阜 2183.91
8 熊本 2168.59
9 金沢 2156.12
10 山口 2136.66
11 徳島 2128.24
12 松本 2126.64
13 東京V 2117.15
14 水戸 2114.68
15 千葉 2097.21
16 讃岐 2056.78
17 大分 2040.88
18 京都 2035.17
19 横浜FC 1996.21
20 名古屋 1995.86
21 福岡 1993.16
22 長崎 1919.73
#footballlab
HOME » サンフレッチェ広島のコラム一覧
Team Select close